「検証(けんしょう)」とは?意味や例文を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「検証(けんしょう)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「検証」の意味をスッキリ理解!

検証(けんしょう):実際に調べて証明すること

「検証」の意味を詳しく

「検証」とは、実際に調べて証明することという意味です。

物事が正しいのかどうかについて、実際に詳しく調査をするという行動に移して仮説を証明すること、もしくは事実を明らかにすることを意味します。

目的なしに思いつきで試してみることは「検証」とは言いません。仮説を立てた上で事実を観察し、実際に問題が解決したのか、実験結果は予想通りだったのか、など仮説の真偽を確かめる際に使います。

 

また、法律的な意味合いで「検証」を用いる場合には、「裁判官や捜査官が証拠資料たる事物や状況を直接確かめる行為」という意味になります。「現場検証」「実地検証」などの言葉が使われます。

「検証」の使い方

  1. それぞれの仮説について検証を行う。
  2. 事実を明らかにするには、徹底的に検証する必要がある。
  3. 結果が曖昧なので、再検証しよう。

「検証」の使い方は、特に複雑な点はありません。

主に「検証する」「検証を行う」「検証を続ける」などの表現で用いられます。

熟語としては「検証作業」「現場検証」「実地検証」などの言葉が存在します。

「検証」の語源

「検証」を構成する漢字の意味は、それぞれ以下の通りです。

  • :取り調べること
  • :確かな根拠に基づいて、事実を明らかにすること

この漢字の意味を組み合わせると、「確かな根拠に基づいて取り調べを行い、事実を明らかにすること」という意味になります。

このように「検証」は、①仮説を立て、②実際に調査をして、③真偽を確かめる、という3段階のステップを成し遂げるさまを表します。

「検証」の類義語

「検証」には以下のような類義語があります。

  • 点検:一つ一つを検査すること
  • 立証:証拠をあげて事実を証明すること
  • 裏付け:物事の確実なことを他の面から説明すること
  • 傍証:直接の証拠にはならなくても、その証明を補強するのに役立つ証拠
  • 確認:確かにそうだと認めること

証拠や調査結果に基づいて事実を明らかにする、という意味をもつ熟語が「検証」の類義語として当てはまります。

「検証」の対義語

「検証」には以下のような対義語があります。

  • 看過:あることを目にしているのにも関わらず、それを見過ごすこと
  • 黙秘:黙ったままで押し通すこと
  • 放置:そのまま放っておくこと
  • 見て見ぬ振り:実際に見ても見なかったように振舞うこと

「検証」は実際に詳しく調査するという行動を起こして成り立ちます。

そのため「検証」の対義語としては、行動を起こすことをしない、見過ごして放って置くことという意味の熟語が当てはまります。

「検証」の英語訳

「検証」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • verification
    (検証)
  • verify
    (検証する)
  • validate
    (確認する)

以下が例文です。

例文
  • We should verify the safety of a food product.(私たちは食品の安全性を検証する必要がある。)
  • Reexamination of the data is required to make the formula accurate.(公正を正確にするため、データの再検証が必要である。)

まとめ

以上、この記事では「検証」について解説しました。

読み方検証(けんしょう)
意味実際に調べて証明すること
語源「取り調べること」「確かな根拠に基づいて、事実を明らかにすること」という意味の漢字から
類義語点検、立証、裏付けなど
対義語看過、黙秘、放置など
英語訳verification

「検証」は日常的な使用頻度の高い熟語なので、深い意味を考えず用いてしまう場面が多いかと思います。今一度正しい意味を理解しましょう。