「ケンモメン」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

「ケンモメン」とは「掲示板での書き込みを営利目的で転載することを嫌う人」という意味です。

「ケンモメン」という言葉をネットで目にしたことがある人は多いのではないでしょうか?

インターネット掲示板の2ちゃんねるにおいて生まれた言葉です。

 

あまり聞きなじみのない言葉ですが、意味を理解することでネット上で表現の幅を広げることができます。

今回は、ネット用語の「ケンモメン」について詳しく解説していきます。

言葉の性質上、本記事では不快と感じられる表現が用いられる可能性があります。あらかじめご了承ください。

「ケンモメン」の意味

ケンモメン

掲示板での書き込みを営利目的で転載することを嫌う人

「ケンモメン」は、「嫌儲民」を指す言葉です。

「嫌儲民」とは、「匿名掲示板サイト内の書き込みなどを営利目的で転用する行為を嫌う人々」を指します。

「ケンモメン」は、同じような人を嫌い、日々その話題で盛り上がり、時には集団で荒らしも行います。

そのため、「ケンモメン」にネガティブなイメージを持っている人がほとんどです。

 

ちなみに、「ケンモメン」を表す(ヽ´ん`)という顔文字も存在しており、「嫌儲くん」と呼ばれています。

「ケンモメン」は、この絵文字を頻繁に使用しています。

例外として「ケンモメン」は「楽して儲けることを毛嫌いすること」を表す際にも使用できます。

「嫌儲」と「嫌儲民」の意味

「嫌儲」と「嫌儲民」の意味
  • 嫌儲
    儲けることを嫌う
  • 嫌儲民
    金儲けが絡む活動や宣伝を嫌う人
「嫌儲」の本来の意味は「儲けることを嫌う」ですが、インターネット掲示板の2ちゃんねるにおいては、「書き込みを営利目的から転載することを嫌うこと」を意味します。

また、「嫌儲民」には「金儲けが絡む活動を嫌う人」「宣伝を嫌う人」という意味があります。

インターネット上にある他人の作ったものを勝手に利用し、アフィリエイトによって儲ける人は「ケンモメン」に嫌われる対象になります。

ここで言っている「お金儲け」は、2ちゃんねるの転載をメインコンテンツにして閲覧数および広告収益を得る「アフィリエイトブログ」や「まとめブログ」のことを指します。

「嫌儲」の読み方

「嫌儲」は、2ちゃんねるの中で生まれた造語であるため「けんもう」以外の読み方が複数存在します。

「嫌儲」の読み方
  • けんちょ
  • いやもう
  • いやちょ
  • いやもうけ
「嫌儲」の読み方は複数存在していますが「ケンモメン」が生まれたのは「けんもう」という読み方からです。

様々な読み方があることを把握しておくと、表現の幅が広がります。

「ケンモメン」の特徴

「ケンモメン」と呼ばれる人々には、5つの特徴があります。

嫌いなものが一緒の人が集まると性質や特徴も似てくる傾向にあります。

「ケンモメン」の特徴
  1. ハゲネタに敏感
  2. いかにも閲覧数が伸びそうな電子掲示板の話題に引っかかる
  3. 差別的なことも叩く
  4. アニメオタクが多い
  5. 独自の用語を使いたがる
2ちゃんねるに存在する高齢の「ケンモメン」は「ケンモじいさん」と言われています。「ケンモじいさん」はハゲネタに敏感だと言われています。

「ケンモメン」の使い方

「ケンモメン」の使い方には、下記のようなものがあります。

  1. ケンモメン!発言が違う。
  2. ウザイケンモメン
  3. ケンモメンにはハゲネタは止めなよ。

「ケンモメン」は、上記の例文のように「2ちゃんねる」において「嫌儲する人」や「金儲けが絡む活動や宣伝を嫌う人」を表現する際に使用されます。

「ケンモメン」は、基本的に「2ちゃんねる」において使用される言葉であるため、言葉の意味を知らない人も多く存在しています。

「ケンモメン」の語源

「儲けることを嫌う」という意味の「嫌儲」と、男性を表す「メン」が組み合わさり「ケンモメン」という言葉が生まれました。

「嫌儲」は、嫌韓という言葉をもじったことで生まれた造語です。

また、2ちゃんねるのあるニュース速報VIP板で情報をまとめていたサイトが炎上し、閉鎖を余儀なくされる出来事がありました。

それを影から見ていたブロガーその状況を「ケンモメン」という言葉で表現したことがきっかけとなり、「ケンモメン」の意味が世の中に広まっていきました。

「ケンモメン」の類義語

「ケンモメン」には以下のような類義語があります。

言葉の性質上、本見出しでは不快と感じられる表現が用いられる可能性があります。あらかじめご了承ください。
  • 嫌韓(けんかん)
    韓国や韓国人に対して嫌悪感をもつこと
  • 嫌厭(けんえん)
    きらって嫌がる
  • 毛嫌い
    これといった理由もなく、ただ感情的に嫌うこと

「嫌韓」は、「韓国国民や韓国系の人々による国内外の言動への嫌疑や嫌悪感情」を表した言葉です。

「ケンモメン」は、「楽して儲けること」を対象に嫌悪感を感じる人を指しますが、「嫌韓」は、「韓国の人々への言動」に対する嫌悪感を感じる人を指します。

意味は若干異なりますが、同じニュアンスを含んでいます。

「嫌厭」と「毛嫌い」は、「嫌い」というニュアンスを含んでいます。

「ケンモメン」が頻繁に使用する用語

「ケンモメン」は以下のような用語をよく使います。

  • Jでやれ
    J板という他の掲示板で話をしろ
  • アスペ
    アスペルガー症候群の略で発達障害の一種
  • 陰キャ
    雰囲気や性格が暗い人
  • ステマ
    サクラとして商品を紹介し、それに対してお金を受け取ること
  • 自分いいすか?
    発言の許可をとるときの表現
  • マスゴミ
    マスコミを蔑む表現
  • (ヽ´ん`)
    けんもうくんという「ケンモミン」を表したマスコットキャラクター
「ケンモメン」でなければ意味が分からない特殊な用語が多いのですが、調べてみると面白い意味を持っているものが多く存在しています。

「ケンモメン」のまとめ

以上、この記事では「ケンモメン」について解説しました。

読み方ケンモメン
意味嫌儲(けんもう)する男性のこと・嫌儲民
語源「嫌儲」と男性を表す「メン」の組み合わせから
類義語嫌韓、嫌厭、毛嫌い

「ケンモメン」はネガティブなイメージを持つ人が多く、あまり一般的に知られていない言葉ですが「正当な理由があって団結し、発言を行う人々」であることがわかります。

「ケンモメン」は、相手に嫌な思いをさせる発言や過激な発言、目に余る発言をしますが、現在でも「2ちゃんねる」において「ケンモメン」は存在し続けています。

「ケンモミン」を一方的に批判したり、刺激したりすることなく理解していきながら、ネット環境を楽しいものにしていきましょう。