カタルシスの意味は?心理学用語?カタルシス効果もわかりやすく解説

言葉

カタルシスとは「心の中のわだかまりが浄化されること」という意味です。

元々は演劇用語でしたが、転じて哲学や心理学・精神医学でも使われるようになったため、意味がややこしいですよね。

「カタルシス効果」がどんなものか知りたい方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではカタルシスの意味や使い方をわかりやすく解説します。

☆「カタルシス」をざっくり言うと……

英語表記カタルシス(katharsis)
意味(哲学・心理学用語で)心の中のわだかまりが浄化されること
(演劇用語で)悲劇によって、観客の心を浄化させること
(古代ギリシャの医学用語で)薬を使って吐かせたり排泄させたりすること
語源古代ギリシア語の “katharsis”
類義語浄化
浄化作用
解除反応 など
英語訳catharsis
カタルシスがつく語カタルシス療法
カタルシス効果 など

「カタルシス」の意味

カタルシス

  1. (哲学・心理学用語で)心の中のわだかまりが浄化されること
    例:彼女と話すとカタルシスを感じることができる。
  2. (演劇用語で)悲劇によって、観客の心を浄化させること
    例:周りはみんな映画を絶賛していたが、僕はカタルシスがなかった。
  3. (古代ギリシャの医学用語で)薬を使って吐かせたり排泄させたりすること

カタルシスは、元々は演劇用語として使われましたが、そこから転じて、哲学・心理学や精神医学の分野でも使われるようになりました。

一般的には、①の意味で使われることが多いです。

カタルシスの意味を、3つの分野ごとに見ていきましょう。

①(哲学・心理学用語で)心の中のわだかまりが浄化されること

カタルシスは、哲学及び心理学の分野では「心の中に溜まっていたモヤモヤした気持ちが取り除かれ、浄化されること」という意味です

抱え込んでいた気持ちを誰かに話したり、泣いたりすることによって自分の気持ちを晴らすことを表します。

②(演劇用語で)悲劇によって、観客の心を浄化させること

カタルシスは、演劇の分野では「悲劇を鑑賞することによって、観客の心に恐れや哀れみを生み出し、感情を浄化させること」という意味です

元々はこの意味で使われましたが、現在では演劇に限らず広い分野で使われています。

③(古代ギリシャの医学用語で)薬を使って吐かせたり排泄させたりすること

カタルシスは、古代ギリシャの医学の分野では「薬を使って吐かせたり排泄させたりすること」という意味です

厳密には、薬物などによって吐かせたり、下痢を起こさせたりして体内の異物を取り除く治療行為を表します。

英語訳の “catharsis” ではこの意味で使われることがありますが、カタカナ語のカタルシスがこの意味で使われることはほとんどありません。

「カタルシス」の使い方

カタルシスには以下のような使い方があります。

  1. 名詞として使う
  2. 言い回しで使う

①名詞として使う

カタルシスには3つの意味がありますが、一般的には「心の中のわだかまりが浄化されること」という意味で広く使われます

例文を見てみましょう。

例文
  1. その時初めて、カタルシスという概念にふれた。
  2. カタルシスのようなものを感じながら、慶一は高志のことばに耳をかたむけた。
    [出典:鶴岡雄二『45回転の夏』]

②言い回しで使う

カタルシスは、「カタルシスを○○する」「カタルシスがある/ない」といった形でよく使います。

よくある言い回しと例文を一緒に見てみましょう。

  • カタルシスを感じる
    例:彼女と話すとカタルシスを感じることができる。
  • カタルシスを味わう
    例:たまにはカタルシスを味わわないと、心が疲れてしまうよ。
  • カタルシスを得る
    例:カタルシスを得たいなら、溜め込んでいる思いを全部話してしまいなさい。
  • カタルシスを体験する
    例:カラオケで歌うことで、カタルシスを体験できた。
  • カタルシスへ誘う(いざなう)
    例:美しい音色が、カタルシスへ誘ってくれた。
  • カタルシスを喚起(かんき)する
    例:白熱した試合を見て、カタルシスを喚起した。
  • カタルシスがない
    例:周りはみんな映画を絶賛していたが、僕はカタルシスがなかった。

上記の例文のうち、「カタルシスがない」のみ「悲劇によって、観客の心を浄化させること」という意味で使っています。

「カタルシス」の語源

カタルシスの語源は古代ギリシア語の “katharsis” です

カタルシスの意味は以下のように変遷しました。

  1. アリストテレスが『詩学』の中で使う
  2. 哲学・心理学・精神医学の分野で使われるようになる

①アリストテレスが『詩学』の中で使う

元々、 “katharsis” は古代ギリシア語で「浄化」「排泄」を表す語でした。

しかし、古代ギリシアの哲学者・アリストテレスは、著作『詩学』の中で “katharsis” を「悲劇を鑑賞することによって、観客の心に恐れや哀れみを生み出し、感情を浄化させること」という意味で使いました。

この時点では一般的な言葉ではなく、演劇について述べる時の言葉でした。

②哲学・心理学・精神医学の分野で使われるようになる

アリストテレスは、“katharsis” は悲劇による効果だと述べましたが、明確には定義しませんでした。

そのため、様々な分野で使われるようになりました。

哲学

アリストテレスが哲学者だったことから、 “katharsis” は哲学の分野で「心の中のわだかまりが浄化されること」という意味で使われるようになりました。

古代ギリシアの哲学者・プラトンは、「哲学と徳により魂のカタルシスが得られる」としています。

この意味が広がり、現在では一般的に使われています。

心理学・精神医学

心理学者及び精神科医・フロイトは、自身が確立させたヒステリー治療法をカタルシスと呼びました。

このことから、カタルシスは心理学用語としても使われるようになりました。

「カタルシス」の類義語

カタルシスには以下のような類義語があります。

  • 浄化
    汚れを取り除いて綺麗にすること
  • 浄化作用
    汚れを取り除いて綺麗にする影響力のこと
  • 解除反応
    抑圧されていた過去の不安などが表現されること
  • 煙突掃除療法
    話すことによって症状を緩和させる療法
  • 鬱憤(うっぷん)を晴らす
    心の中に抱えている気持ちを何らかの形で発散すること
  • 排泄(はいせつ)
    体に溜まった不用物を体の外に出すこと
  • 通痢(つうじ)
    便通のこと

「カタルシス」の英語訳

カタルシスを英語で表現すると以下のようになります。

  • catharsis
    ①悲劇を想像させることで、感情を浄化すること
    ②患者に自分の気持ちを語らせることで、抑圧された感情を取り除こうとする治療行為
    ③便通

「カタルシス」がつく語

カタルシスがつく語には以下のようなものがあります。

  • カタルシス療法
    自分の気持ちを話すことで、感情を晴らさせる治療法
  • カタルシス効果
    心の中にある不安や悩みなどを口に出すことで、気持ちが晴れること
  • カタルシス
    2003年に公開された映画
  • カタルシス
    シンガーソングライター・松本英子のアルバム
  • 最後のカタルシス
    アイドルグループ・NMB48(白組)の楽曲
  • 鉄拳のカタルシス
    桑沢アツオの漫画
  • 奇跡的なカタルシス: フィジカル・インテンシティ
    村上龍のエッセイ

「カタルシス療法」の意味

カタルシス療法とは、心理学者及び精神科医・フロイトが確立させたヒステリー治療法です

患者に自分の気持ちを話してもらったり、催眠で自分の気持ちを吐き出させたりすることで、感情を晴らさせる方法です。

カタルシス療法は、お話療法とも呼ばれます。

「カタルシス効果」の意味

カタルシス効果とは、心の中にある不安や悩みなどを口に出すことで、気持ちが晴れる効果を表します

フロイトが確立させたヒステリー治療法による効果を表しますが、現在ではビジネスや日常生活でも応用されています。

ビジネスの「カタルシス効果」

ビジネスでは、顧客の心の中にあると想定される不安や悩みを煽ることによって、商品を購入させるためにカタルシス効果を使います。

例えば、「突然、余命宣告をされる」というストーリーのCMを放送することで、顧客の「いつ病気になるかわからない」という不安を煽ります。

その結果、顧客は感じた不安を浄化させるためにがん保険を購入しようとします。

日常生活の「カタルシス効果」

日常生活でカタルシス効果を感じるための方法には、以下のようなものがあります。

  • 話を聞いてもらう
    思っていることを口に出すと気分が晴れるため
  • 大声で歌う
    ストレス発散になるため
  • 感情が揺さぶられる映画を観る
    泣いたり笑ったりすることで気持ちがリフレッシュできるため
カタルシス効果はほどほどに

日常生活において、心の中にある不安や悩みを適度に表すことは大事です。

しかし、感情のままに爆発させると、歯止めが効かなくなったり、「感情を晴らす」というカタルシス効果の良い面が体験できなくなったりするため注意しましょう。

「カタストロフィ」とは

カタルシスと似ている語に、カタストロフィがあります。

しかし、カタルシスとカタストロフィの意味は全く異なります。

カタストロフィ

  1. 大きな不幸
  2. 演劇や小説の悲劇的な結末
  3. (演劇用語で)結末

カタストロフィの語源は古代ギリシア語の “katastrophe” です。

「大きな不幸」という意味から転じて、演劇や小説における悲劇的な結末や、演劇の結末を表すようになりました。

「カタストロフィ」の意味とは?使い方から英語まで例文付きで解説

「カタルシス」のまとめ

以上、この記事ではカタルシスについて解説しました。

英語表記カタルシス(katharsis)
意味(哲学・心理学用語で)心の中のわだかまりが浄化されること
(演劇用語で)悲劇によって、観客の心を浄化させること
(古代ギリシャの医学用語で)薬を使って吐かせたり排泄させたりすること
語源古代ギリシア語の “katharsis”
類義語浄化
浄化作用
解除反応 など
英語訳catharsis
カタルシスがつく語カタルシス療法
カタルシス効果 など

気分がスカッとした時には、カタルシスという言葉を使ってみましょう。

ABOUT US

まや
まや
自称、誤字キラー。 Web記事でも誤字脱字を見逃しません。言葉が大好きです。 大学では言葉遊びについて研究していました。マイブームは日本語ラップを聴くこと。