「かしづく」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

「かしづく」には、「目上の人に仕えて、世話をする」「誰かを大切に育てる」「未成年などを補佐する」という3つの意味があります。

「かしづく」は、普段の生活のなかでは、あまり使う機会がない言葉です。

「どんな意味をもっているの?」「古文のなかで見たことがあるけれど、現代でも使えるの?」といった疑問をもっている方が多いのではないでしょうか。

この記事では、「かしづく」の意味や例文、英語訳などについて、詳しく解説します。

「かしづく」の意味

かしづく

  1. 目上の人に仕えて、世話をする
  2. 誰かを大切に育てる
  3. 未成年などを補佐する

「かしづく」には、3つの意味があります。

どの意味も、相手のために動くことを表しています。

「かしづく」は古語

「かしづく」は、もともと古語であるため、現代ではあまり使いません。

どちらかと言うと、古文などでよく使われます。

以下、それぞれの意味を詳しく解説します。

意味①目上の人に仕えて、世話をする

「かしづく」の1つ目の意味は、「目上の人に仕えて、世話をする」というものです。

この意味は、立場の上下が明確に分かれている環境で使われます。

単に誰かに従うだけでなく、「真心や忠誠心をこめて世話をする」というニュアンスが含まれます。

介護をするという意味では使えない

「かしづく」は、身体が不自由な人を世話するという場面では、使いません。

あくまでも、目上の人に仕えるという意味である点をふまえましょう。

意味②誰かを大切に養い、育てる

「かしづく」の2つ目の意味は、「誰かを大切に養い、育てる」というものです。

特に、親が子を育てる際によく使います。

愛情をもって教育をしながら、誰かを育てあげるという意味合いがあります。

意味③未成年などを補佐する

「かしづく」の3つ目の意味は、「未成年などを補佐する」というものです。

幼い子どもなど、保護が必要な人をサポートする場面でよく使います。

親だけでなく、保護者の代理となる人物が補佐をする場合にも、使うことができます。

「かしづくポーズ」とは


「かしづくポーズ」とは、ひざまずく格好のことです。

「かしづく」という言葉そのものに、「ひざまずく」という意味はありません。

しかし、「かしづく」がもつ「目上の人に仕えて、世話をする」という意味が、以下のように派生していったのです。

目上の人に仕えて、世話をする

「主君に対して忠誠を示す」という意味に変化

忠誠を表すために、ひざまずく行為を表すようになった

プロポーズでの「かしづくポーズ」

「かしづくポーズ」は、プロポーズで使われることが多いです。

プロポーズをする際、「結婚してください」と言うために、片膝を立ててひざまずくことがあるからです。

↑プロポーズでのかしづくポーズの例

photo by Mark Guim

「かしづく男」とは

ひざまずく男性を、「かしづく男」を呼ぶことがあります。

「かしづく男」も、「かしづくポーズ」と同じく、まれに使われる慣例表現です。

「かしづく」の例文

「かしづく」は、もともと古語であるため、現代ではあまり使いません。

しかし、現代においても、「世話をする」「育てる」などの意味を、あらたまった言葉で表したいときは、「かしづく」を使う場面があります。

「かしづく」のそれぞれの意味に分けて、例文を見てみましょう。

「かしづく」の意味
  1. 目上の人に仕えて、世話をする
  2. 誰かを大切に育てる
  3. 未成年などを補佐する

例文①目上の人に仕えて、世話をする

「目上の人に仕えて、世話をする」という意味では、以下のように使うことができます。

  1. 私の祖先は、大名にかしづく存在だったそうだ。
  2. 彼女は、マネージャーとして、大物女優に長年かしづいている
  3. 彼は出世のために、嫌いな上司にかしづく日々を送った。

例文②誰かを大切に育てる

「誰かを大切に育てる」という意味では、以下のように使うことができます。

  1. 生まれてきた娘を、命をかけてかしづくことを誓った。
  2. 年の離れた兄は、親の代わりに、私をかしづいてくれた。
  3. 親たちかしづきたまふことかぎりなし。
    (親たちが大事に育てることは、このうえない。)
    [出典:『堤中納言物語』]

例文③未成年などを補佐する

「未成年などを補佐する」という意味では、以下のように使うことができます。

  1. 彼は高校生でありながら、大きな会社を立ち上げたので、誰かがかしづくことが必要なのではないか。
  2. 小学生だけで遠出をするのは危ないので、大人がかしづくことになった。

「かしづく」の別表記

「かしづく」は、別の表記で書かれることもあります。

「かしづく」の別表記
  • かしずく
  • 傅く
「かしづく」を「跪く(ひざまずく)」と書くのは誤り

「かしづくポーズ」という慣用表現が “ひざまずく格好” を表すからといって、「かしづく」を「跪く」と書くのは誤りです。

あくまでも、「かしづく」の正しい漢字表記は「傅く」です。

「かしづく」の語源


「かしづく」は、漢字で「傅く」と書きます。

「傅」という漢字に含まれる意味が、「かしづく」の意味につながっています。

「傅」の意味

「傅」という漢字には、以下のような意味があります。

  1. 目上の人に仕えて、世話をする
  2. 誰かを大切に育てる
  3. 未成年などを補佐する
  4. そばに付き添う
  5. 何かを敷き、並べる

つまり、「傅」がもつ複数の意味のうち、一部が「かしづく」の意味につながっているのです。

「傅」の様々な読み方

「傅」には、「かしづく」のほかにも、様々な読み方があります。

音読み
訓読み
かしづ(く)、つ(く)、もり

「傅」を使った熟語

ちなみに、「傅」という漢字を使った熟語は、たくさんあります。

参考までに覚えておきましょう。

  • 為虎傅翼(いこふよく)
    強い者が力をつけ、さらに強くなること
    ※傅虎為翼(ふこいよく)とも書く
  • 牽強傅会(けんきょうふかい)
    理屈をこじつけること
    ※「牽強付会」「牽強傅会」とも書く
  • 傅育(ふいく)
    高貴な人の子どもの養育に携わること
  • 傅愛(ふあい)
    目上の人の子を、大切に育てること
  • 傅彩(ふさい)
    色をつけること
  • 傅佐(ふさ)
    他者をサポートすること
  • 傅役(もりやく)
    高貴なの人の子を育てる役割

「かしづく」の強調形


「かしづく」を強調した言葉は、以下の通りです。

「かしづく」の強調形
  • 思いかしづく
    心をこめて、かしづくこと
  • なでかしづく
    優しくなでるように、かしづくこと
  • もてかしづく
    とても丁寧にもてかしづくこと

ただし、上記の言葉はすべて、古文で使われることが多いです。

古文での例文を見てみましょう。

古文での例文
  • この猫を北面(きたおもて)にもいださず、おもひかしづく
    (この猫を北向きの部屋にも入れず、心をこめてお世話する)
    [出典:『更級日記』-大納言殿の姫君]
  • 明け暮れまもりて、なでかしづくること限りなし
    (一日じゅう大切に育てる様子といったら、この上ない)
    [出典:『源氏物語』-東屋]
  • 疑ひなきまうけの君と、世にもてかしづき聞こゆれど
    (疑問の余地がない皇太子として、世間では大切にお世話差し上げるけれども)
    [出典:『源氏物語』-桐壺]

「かしづく」の類義語

「かしづく」には以下のような類義語があります。

  • 尽くす(つくす)
    他者のために、精一杯働く
  • 奉仕(ほうし)する
    国家や社会、主人のために働く
  • 献身(けんしん)する
    わが身を犠牲にして、懸命に働く
  • 仕える(つかえる)
    目上の人のために働く。
    または、公的機関に務める
  • 従う(したがう)
    相手に逆らわないこと
  • 側(そば)に控える(ひかえる)
    相手のために働くこと
  • 身を尽くす(つくす)
    自分のすべてを何かに捧げる
  • 身を捧げる
    自分のすべてを相手に捧げる
  • 身を投げ打つ
    相手のために働く
  • 保護する
    人やものを守ること
  • 仕官(しかん)する
    武士が大名に仕えること
  • 奉公(ほうこう)する
    主人のために、すべてを相手に捧げる
  • 近侍(きんじ)する
    主君に仕えること

「かしづく」の対義語

「かしづく」には以下のような対義語があります。

  • 不忠(ふちゅう)
    忠義に反すること
  • 不忠誠(ふちゅうせい)
    主人などに対して、真心がないこと
  • 不忠不孝(ふちゅうふこう)
    主人などに対して、敬う気持ちがないこと

「かしづく」の英語訳

「かしづく」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • take care of 〜
    (〜の世話をする)
  • be faithful to 〜
    (〜に忠実である)
  • raise 〜
    (〜を育てる)

「かしづく」のまとめ

以上、この記事では「かしづく」について解説しました。

読み方かしづく
意味目上の人に仕えて、世話をする
誰かを大切に育てる
未成年などを補佐する
語源漢字の「傅」の意味から
類義語尽くす、奉仕する、献身するなど
対義語不忠、不忠誠、不忠不孝など
英語訳take care of 〜(〜の世話をする)など

「かしづく」には、どの意味にも「相手のために、一生懸命働く」という意味合いがあります。

「かしづく」の意味や例文を学ぶと同時に、人を思いやることの大切さも心に留めましょう。

ABOUT US

Chinatsu
Chinatsu
新卒1年目でWebライター3年目。 学生時代からWebライターの仕事を始め、多くの記事を執筆・編集してきました。 丁寧な解説に定評があります。