故事成語「肝胆相照らす」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「肝胆相照らす(かんたんあいてらす)」です。

この言葉は日常生活で使われることはあまりないかもしれません。

しかし、小説などでは登場することがあります。

そこで、「肝胆相照らす」の意味、由来、例文、英訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「肝胆相照らす」の意味をスッキリ理解!

肝胆相照らす(かんたんあいてらす):互いに心の底まで打ち明け、親しく交際すること

「肝胆相照らす」の意味を詳しく

「肝胆相照らす」とは、互いに心の底まで打ち明け、親しく交際することです。

ちなみに、「肝胆」とは、肝臓と胆のうのことを表しています。

そして、肝臓も胆のうも、生命を支える重要な臓器です。

このことから、「肝胆」は「心の奥底」や「真実の心」などという意味を表すようになりました。

 

また、「照らす」とは、「知り合う」という意味です。

つまり、「肝胆相照らす」とは、互いに心の奥底まで知り合って親しく付き合うことを表すのです。

ちなみに、この言葉は「肝胆相照らす仲」などのように用いられることが多いでしょう。

 

そして、「肝胆相照らす」を「本心を探る」という意味で用いるのは間違いなので、注意が必要です。

スポンサードリンク

「肝胆相照らす」の由来

「肝胆相照らす」の出典は『故事成語語考』の朋友賓主(ほうゆうひんしゅ)という章です。

この章に、「肝胆相照らす、これを腹心の友と為(な)す」という言葉が出てくるのです。

ちなみに、これを訳すと、「互いに心の底まで打ち明けて親しく付き合うのが、親友というものである」という文章になります。

「肝胆相照らす」の例文

  1. 彼とは何でも話せるので、肝胆相照らす仲だと言えるだろう。
  2. 誰でもひとりくらい肝胆相照らす仲の人がいるものだ。
  3. 肝胆相照らす仲の友人が結婚したため、有給を取って結婚式に出席することにした。
スポンサードリンク

「肝胆相照らす」の英語訳

「肝胆相照らす」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • be inseparable friends
    (心の底までわかり合う仲である)

まとめ

以上、この記事では「肝胆相照らす」について解説しました。

読み方 肝胆相照らす(かんたんあいてらす)
意味 互いに心の底まで打ち明け、親しく交際すること
由来 『故事成語語考』の「肝胆相照らす、これを腹心の友と為(な)す」という言葉から
英語訳 be inseparable friends

「肝胆相照らす」ような友人を作ることはとても大切です。

もし気が合う友達がいたら、このような仲になっていきたいですね。

スポンサードリンク