「干渉(かんしょう)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「干渉(かんしょう)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「干渉」の意味をスッキリ理解!

干渉(かんしょう):他人の事情に立ち入り、自分の意思に従わせようとすること

「干渉」の意味を詳しく

「干渉」は、「干」と「渉」という2つの単語から構成されています。

「干」は、「おかす」、「かかわる」という意味をもっており、「干犯(かんぱん)」、「干与(かんよ)」等の熟語にも用いられています。

「渉」は、「わたる」、「かかわる」という意味をもっており、「渉外(しょうがい)」、「交渉(こうしょう)」等の単語に用いられています。

これらの単語から、「干渉」は、「相手に必要以上に立ち入り、相手の意思を侵(おか)す」という意味をもつことがわかります。

 

専門用語としての「干渉」

「干渉」は、専門用語としても用いられます。

国際法における「干渉」

「干渉」は国際法において、「一国が他国の内政・外交に介入すること」という意味で用いられます。国際法とは、国家間の秩序を保つための法律です。

たとえば、「内政干渉」という言葉があります。他国の政治や外交に介入して、その国の主権を侵害することを指します。国際法では、内政干渉は禁じられており、そのことを内政不干渉の原則と言います。

物理学における「干渉」

「干渉」は、物理分野において、「2つ以上の同じ種類の波が重なって、互いに強め合ったり、弱め合ったりする現象」という意味で使われます。

たとえば、2つの小石を水面に投げ込むとします。2つの石が落ちた地点から、それぞれ波が広がっていきます。

ある場所で2つの波はぶつかり、それぞれを合計した高さの波ができ上がります。これを、波の干渉と言います。

スポンサードリンク

「干渉」の使い方

  1. 他人の行動にまで、干渉する。
  2. 子供の友人関係にも口を出すなど、私の親には過干渉なところがある。
  3. 他国の内政に、武力干渉する。

①の例文で「干渉」は、「干渉する」という形で使われており、「必要以上に口出しし、自分の意思に従わせる」という意味で用いられています。

②の例文では、「干渉」は、「過干渉」という熟語として使われており、「干渉」の程度が強いことを表しています。このように、「干渉」は、他の漢字と合わさった 1つの熟語として使われる場合もあります。

③の例文の「武力干渉」とは、「他国の政治に武力で介入する」という意味で使われています。

「干渉」の類義語

干渉には以下のような類義語があります。

  • 介入(かいにゅう):当事者以外の者が入り込むこと
  • 妨害(ぼうがい):妨(さまた)げること
  • 支配(しはい):ある地域や国家を自らの権力下におくこと
  • 邪魔(じゃま):妨げること

「支配」は、「干渉」の「他国の政治に介入する」という意味に対する類義語です。

スポンサードリンク

「干渉」の対義語

干渉には以下のような対義語があります。

  • 放任(ほうにん):干渉せず、したいようにさせること

「干渉」の英語訳

干渉を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • interference
    (口出し、干渉)
  • meddling
    (おせっかい、干渉)
  • intervention
    (干渉、仲裁)

intervention は、armed intervention(武力干渉) 等の形で使われ、「他国の政治に介入する」という意味の英語訳です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「干渉」について解説しました。

読み方 干渉(かんしょう)
意味 他人の事情に立ち入り、自分の意思に従わせようとすること
類義語 介入、妨害、支配など
対義語 放任
英語訳 interference(口出し、干渉)

他人が自分と反する意見をもっていたり、意に反する行動をすることはよくあることです。

しかし、必要以上に自分の主張を押し付けることは、相手との関係を壊すことにもつながりかねません。

自分の意思は伝えながらも、相手の考えを尊重することも大切です。

スポンサードリンク