読んで納得!「鑑賞」と「観賞」の違い

違いのギモン

みなさんの趣味は何ですか?

映画を見るのが好き、という方も多いのではないでしょうか。そういう時に使う、映画「かんしょう」ですが、「鑑賞」なのか「観賞」なのか、どちらかパッと答えることはできますか?意外と迷ってしまう方も多いかもしれません。

この二つの言葉、実際に社会でも混同して使われていることがあります。

そこでこの記事では、「鑑賞」と「観賞」の違いについて詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

結論:見る対象が何かで違う

両者ともに、何かを見て楽しむことを表す、という点では共通しています。

その楽しむ対象が、芸術作品の良さの場合に「鑑賞」を用いるのに対して、自然や生き物の美しさの時には「観賞」が使われます。

「鑑賞」について詳しく


「鑑賞」の「鑑」という字は、鑑別、鑑定などの熟語に見られるように、かんがみる、見分けるという意味があります。このことから、「鑑賞」は特に芸術作品の価値を判断し、その良さを理解して味わうことを指します。

例を挙げると、映画や音楽、絵画などは「鑑賞」するものです。

関連する言葉として、芸術作品の真価を見きわめる能力である「鑑賞眼」(かんしょうがん)、また芸術作品の内容を批評することである「鑑賞批評」といった言葉があります。

スポンサードリンク

「観賞」について詳しく


対して、「観」という字は、見る、眺めるという意味を持っています。そのため、「観賞」は自然や動植物などの美しいものを見て、味わい楽しむことを指します。

例えば、草花や月などが「観賞」する対象になります。

よく使われている言葉として、「観賞魚」や「観賞植物」などがあり、どちらもその美しさを見て楽しむものであるということが分かると思います。

さらに詳しく

上記の例文で、映画であれば、鑑賞を用いるとしましたが、中には例外もあります。映画の中でも芸術性のある作品には「鑑賞」、一方でコメディなどの娯楽性が高いものについては「観賞」を使います。

ただ、ある映画作品に芸術性があるかないかの判別は難しく、例えば主要な映画館は全ての映画のチケットが、映画「鑑賞」料金と表されています。

また一部のミュージカルなどでは、お客さんが構えないようにとの意図で、あえて「観賞」を使うこともあるようです。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「鑑賞」と「観賞」の違いについて解説しました。

  • 鑑賞:芸術作品の良さを楽しむこと
  • 観賞:自然のありのままの美しさを楽しむこと

これで鑑賞と観賞の違いはばっちりですね!

これからは見る対象によって、上手くこの二つの言葉を使い分けてみてください。

スポンサードリンク