ことわざ「金の切れ目が縁の切れ目」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「金の切れ目が縁の切れ目(かねのきれめがえんのきれめ)」です。

意味や例文、由来、類義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「金の切れ目が縁の切れ目」の意味をスッキリ理解!

金の切れ目が縁の切れ目:金銭だけで成り立っていた関係は、金銭が無くなると消滅するということ 

「金の切れ目が縁の切れ目」の意味を詳しく

「金が切れる」とはお金が無くなる、つまり貧乏になるということです。そして「縁が切れる」とは、関係が自然に無くなることを指します。

したがって「金の切れ目が縁の切れ目」とは、「金銭だけで成り立っていた関係は、金銭が無くなると消滅する」という意味です。お金を持っている時は慕(した)われていたが、お金が尽きた途端に相手の態度が冷たくなる場合に使います。

最近では、「金とは縁が無い」「金銭トラブルが原因で縁が切れる」という意味で使用する人がいます。しかし、それは間違いなので気をつけましょう。

スポンサードリンク

「金の切れ目が縁の切れ目」の例文

「金の切れ目が縁の切れ目」は、以下のように使用します。

  • 金の切れ目が縁の切れ目だというが、金を貸しているときはとても慕ってくれたのに、貸すのを断った途端に冷たくなった。寂しい人だ。

「金の切れ目が縁の切れ目」の由来

「金の切れ目が縁の切れ目」はもともと、遊女と遊客の関係を指しました。遊女とは売春婦、遊客は売春婦の客のことです。言い換えると「商売人と客の関係」のことです。

客がお金を持っている間、商売人は客を恋人のように慕います。しかし客が貧乏になると、商売人は客を全く相手にしなくなります。

つまり二人の関係は、「客がお金を持っている場合に限り成立していた」ということです。しかし、現在では商売だけでなく、プライベートな関係でも使用します。

例えば、妻が専業主婦の場合の「夫婦関係」です。夫が妻を養うことができなくなった時、多くの女性が離婚を選択します。また、遺産目当てで親を慕っていた場合には、「親子関係」でも当てはまります。

スポンサードリンク

「金の切れ目が縁の切れ目」の類義語

「金の切れ目が縁の切れ目」には、以下のような類義語があります。

  • 愛想尽かしも金から起きる(あいそづかしもかねからおきる):女性が、お金の無くなった交際相手の男性に対して愛想を尽かすこと

この場合、「金の切れ目が縁の切れ目」と違い、金銭のみで成り立っていた関係ではありません。しかし男性が、女性の分の食事代を支払えなくなったり、お金を渡せなくなることが原因で別れる場合が多いことから、この言葉が生まれました。

「金の切れ目が縁の切れ目」の英語訳

「金の切れ目が縁の切れ目」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Relationships formed by wealth will end when the money ends.
    (お金が尽きると、富によって形成された関係は終了する。)
  • When poverty comes through the door, love goes out the window.
    (貧乏が玄関に入りこむと、愛情(奥様)が窓から出て行く。)
  • The end of money is the end of love.
    (お金が尽きた時、愛も終わる。)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「金の切れ目が縁の切れ目」について解説しました。

読み方 金の切れ目が縁の切れ目(かねのきれめがえんのきれめ)
意味 金銭だけで成り立っていた関係は、金銭が無くなると消滅するということ
由来 遊女(商売人)と遊客の関係
類義語 愛想尽かしも金から起きる。
英語訳 Relationships formed by wealth will end when the money ends.(お金が尽きると、富によって形成された関係は終了する。)

「金の切れ目が縁の切れ目」には、以上の意味や由来があります。「金銭トラブルによって関係が崩壊する」という意味で使っていた人も多いのではないでしょうか。他にも現在では、本来の意味と違う使い方をしていることわざがたくさんあります。

例えば「敷居が高い」です。本来の意味は「相手に不義理などがあって、その人の家に行きにくい」です。しかし、「高級、または上品すぎて入りにくい」などの意味で使っている人の方が多いのが現状です。

このように、普段何気なく使っている言葉に意味を改めて調べてみると、新たな発見があるかもしれませんね。

スポンサードリンク