入れ替わっただけで違う?「格別」と「別格」の違い

違いのギモン

日本語にはひらがなやカタカナのほかに、漢字という文字も存在します。

そして、漢字にはひとつひとつ意味があるので、漢字を見ればだいたい意味を推測することができます。

しかし、熟語では時に厄介なことが起こります。

 

本来、熟語はそれぞれの漢字の意味を組み合わせた意味になりますが、漢字を入れ替えると意味が少し変わってしまう場合があるのです。

例えば、「格別」と「別格」はそのひとつです。

今回はそんな「格別」と「別格」の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:ニュアンスが違う

まず、「格別」は「普通の場合と程度や事柄が違う」という意味を表します。

一方、「別格」は「定められた形式に拘束されない」という意味を表します。

つまり、「格別」と「別格」ではニュアンスが異なるのです。

「格別」をもっと詳しく

「格別」は「普通の場合と程度や事柄が違う」という意味を表します。

また、程度がはなはだしいという意味も表します。

格別は「特別」と似たような意味だと考えればわかりやすいかもしれません。

そして、良い意味で使われることが多いでしょう。

 

ちなみに、「格」とはレベルや決まりのことを表しています。

そのため、「格別」には他とはレベルが違うほどいいという意味もあります。

 

また、「格別」には「それぞれ別に」という意味もあります。

また、「他のケースから外れる」という意味もあります。

ほかにも、「特に」という意味もあります。

ちなみに、この場合には「格別気にしない」などのように用います。

 

そして、「格別」は名詞としても副詞としても使うことができます。

また、「格別」は「各別」と表記される場合もありますが、これも正解です。

ただ、「各別」と書くと誤植だと疑われる場合も多いので、「格別」と表記したほうが無難でしょう。

スポンサードリンク

「別格」をもっと詳しく

「別格」は「定められた形式に拘束されない」という意味を表します。

「他とは違う高い格」という意味あいが強いです。

つまり、「別格」とは、「レベルが違う」という意味なのです。

例えば、「彼が作るナイフは別格だ」などのように用います。

まとめ

以上、この記事では、「格別」と「別格」の違いについて解説しました。

  • 格別:「普通の場合と程度や事柄が違う」という意味
  • 別格:「定められた形式に拘束されない」という意味

「格別」と「別格」は入れ替えて使える場合もありますが、使えない場合もあります。

気をつけて使っていきたいですね。

スポンサードリンク