「禍根(かこん)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「禍根(かこん)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「禍根」の意味をスッキリ理解!

禍根(かこん):災いの起こるもとや原因

「禍根」の意味を詳しく

「禍根」とは、「災いの起こるもとや原因」という意味です。

つまり「禍根」は、災難などの人を不幸にする「出来事」そのもののことではありません。「根」という漢字が用いられていることから分かるように、災いの「原因」のことを指しているのです。

スポンサードリンク

「禍根」の使い方

「禍根」の使い方の例として、以下のような文が挙げられます。

  1. ビジネスで一方だけが不利益となる取り決めは、将来に禍根を残すのでやめた方がよい。
  2. 太平洋戦争後のアメリカは、日本を味方とすることで後の禍根を断とうとした。
  3. メンバー内で起きた小さなケンカが、解散騒動を生む禍根となっている。

上記の例文のように、「禍根」は「残る」や「断つ」という動詞と共に使われるのが一般的です。

 

①の例文では、一方に不利な取り決めという「禍根」が、将来の争いという「災い」の原因となることを表しています。

②の例文は、敗戦国の日本を不当に扱うことを「禍根」としています。そのことで、将来日本が再び戦争を仕掛けてくるというアメリカにとっての「災い」の原因とならないように「禍根を断つ」ことにしたというのが文意です。

③では、小さなケンカという「原因」で解散騒動という「災い」が起きている様子を「禍根」で表現しています。

「禍根」の語源

「禍根」という熟語は、用いられている漢字に注目すると、語源からその意味をより理解しやすくなります。

まず「禍」は、訓読みで「わざわい」と読むことができ「思いがけない災難」という意味を持ちます。次に「根」は、「根本」や「根元」という熟語にもあるように「物事のもと」という意味です。

これら2つの漢字の意味を合わせて、「禍根」は「思いがけない災難の原因・もと」という意味を持っているのです。

スポンサードリンク

「禍根」の類義語

禍根には以下のような類義語があります。

  • 火種(ひだね):事件・騒動などの起こる原因となるもの

「禍根」と「火種」は、「災難の原因」という意味を表しているという点で共通しています。ですが、それぞれの用法は異なっています。

「禍根」では「残る」や「断つ」という動詞を用いますが、「火種」ではそれぞれ同じ場面で「くすぶる」と「絶つ」を代わりに用います。

「禍根」の英語訳

禍根を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • the root of the evil
    (悪の根元)
  • the source of problem
    (問題のもと)

「禍根」の意味は、英語において一語の単語で表すことができません。直訳すると上記のような言い回しになります。

文章で「禍根を残す」と表現したい場合は、「未来に問題を作る」という意味の create a future problem を用いましょう。例えば、「彼の嘘が、友情に禍根を残した」は “His lie created future problems to their friendship.” と英訳できます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「禍根」について解説しました。

読み方 禍根(かこん)
意味 災いの起こるもとや原因
類義語 火種
英語訳 the root of the evil(悪の根元)、the source of problem(問題のもと)

ふとしたことから友達や同僚と言い争いになることはよくあると思います。そのような事態になっても、友情に禍根を残すことのないように気を付けたいものですね。

いざ「禍根」という言葉を使う場面が来た時のために、しっかりと意味と使い方を理解しておきましょう。

スポンサードリンク