日本人なら知っておきたい!「会席料理」と「懐石料理」違いを解説

違いのギモン

日本を代表する食である「和食」には「会席料理」や「懐石料理」という分類がありますね。この違いについて説明できますか。

この記事では日本人だからこそぜひ知っておきたい「会席料理」と「懐石料理」の違いをご紹介します。

スポンサードリンク

結論:違いは「食事」の目的

どちらの料理も共通していることは、「本膳料理」が大元だということです。

「会席料理」は、宴席でもてなされる料理であり、お酒によく合います。

「懐石料理」は、お茶を頂く前にもてなされる料理であり、お茶に合う味付けです。

本膳料理とは

「会席料理」と「懐石料理」の大元となっているのが「本膳料理」です。

「本膳料理」とは、正式な日本料理の形式です。冠婚葬祭などで出てくる料理です。二汁五菜の形が一般的です。また、一度に全ての料理が並べられるのが特徴です。

「会席料理」をもっと詳しく

「会席料理」は、宴席で出される、人をもてなす料理です。

宴を盛大に行うときの料理なので、それに見合う豪華さがあり、基本的な量は多めです。また、宴会で出される「お酒」に合う味付けとなっています。一汁三菜を基本とし、ご飯・お汁・香の物 (こうのもの)・水菓子が最後に出されるのが特徴です。

「懐石料理」や「本膳料理」などの硬い作法を無くし、カジュアルな日本料理として、江戸時代中期に生まれました。よって、「会席料理」は「本膳料理」を簡易化したものと言えます。

スポンサードリンク

「懐石料理」をもっと詳しく

「懐石料理」はお茶を頂く前にもてなされる料理です。そのあと頂く「お茶」に合う味付けになっています。

もともと、お茶を頂く前の空腹を和らげる程度の料理として確立されたため、「会席料理」「本膳料理」に比べて少量なのが特徴です。

茶道の心である侘び・寂びを料理で表現しています。「旬の食材を使う」「素材の持ち味を活かす」「心配りを持っておもてなしをする」という心があります。

あくまで「和食」なので、「懐石料理」も「会席料理」同様、一汁三菜を基本としています。ご飯とお汁は食事の最初に提供されるのが特徴です。

現在、「懐石料理」が出てくる順番は、ご飯・吸い物・向付 (むこうづけ) ・煮物・焼き物・預け鉢・吸い物・八寸・湯桶・香の物・菓子の順です。一鉢ずつ提供されます。

「懐石料理」の生い立ち

実は、江戸初期の頃は「懐石料理」は「会席料理」と表記されていました。

元々、「懐石料理」は安土桃山時代に茶人の千利休 (せんのりきゅう) によって完成されたお茶を楽しむ場所「茶の湯」において、お茶を頂く前の簡単な料理でした。そのため、当初は俳人が食べる料理であったとされています。

茶道と深いつながりのある禅宗の厳しい修行の際、寒い時期に軽石などを火で熱して懐に入れ、体を温めることで空腹をしのいでいました。

懐に石を入れるという行為が由来となり、「懐石料理」と呼ばれるようになりました。

このことから現在も「お茶を楽しむための料理」として認識されています。

 

以下、日本人である私たちでも馴染みのない料理の品目をご紹介します。

向付 (むこうづけ)

本来、お盆の一番奥に並ぶ料理もしくは器を指す言葉です。味付けの繊細さが評価される酢の物などが該当します。

八寸 (はっすん)


[出典:http://kikuichi.hamazo.tv/e7302546.html]

八寸は主に、懐石料理の前菜に使われる、杉の木で作られたお盆を指します。お盆に盛り付けられた前菜を含めて「八寸」と呼ぶ場合もあります。

八寸は作り手のセンスと技量が全メニューの中で一番出る一品と呼ばれています。

「寸」とは、長さを測る単位を表し、一寸は約 3.3cm です。つまり、八寸は約 24cm 四方の縁のある盆です。

湯桶 (ゆおけ)

注ぎ口と取手のある「急須」のような形の飲料容器です。木製で漆 (うるし)で加工されています。「懐石料理」の他にも蕎麦屋で蕎麦湯を入れる際に見ることができます。

香の物 (こうのもの)

野菜を塩・ぬかなどに漬けたもの、漬物を指す言葉です。

まとめ

以上、この記事では、「会席料理」と「懐石料理」の違いについて解説しました。

  • 会席料理:宴席でもてなされる料理で、お酒によく合います。
  • 懐石料理:お茶を頂く前にもてなされる料理で、お茶に合う味付けです。
2020年には東京オリンピックもありますし、これから「日本」を発信する機会はどんどん増えることが予想されます。ぜひこの違いを周りの人に伝えてみませんか。

スポンサードリンク