四字熟語「情状酌量(じょうじょうしゃくりょう)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「情状酌量(じょうじょうしゃくりょう)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「情状酌量」の意味をスッキリ理解!

情状酌量(じょうじょうしゃくりょう):裁判で、さまざまな事情を考慮して、刑を軽くすること

「情状酌量」の意味を詳しく

「情状酌量」は、裁判において、「犯罪者の同情すべき事情を汲み取って、裁判官の判断により刑を減刑すること」を表す四字熟語です。

基本的には、裁判で用いられる用語です。ですが、一般的に使う場合もあります。例えば、誰かが遅刻してきた時に、電車の遅延など、その人物が置かれていた状況を考慮し、仕方がないこととして許してあげる時などです。

 

「情状」は、「実際の事情」という意味を持ちます。裁判では、犯罪者の同情できる事情のことを言います。具体的には、これらのようなものが情状とされます。

  • 年齢
  • 経歴
  • 境遇
  • 犯罪に至った動機
  • 犯行後にとった態度

 

情状によって、犯罪者がそうせざるを得なかったり、また、犯罪をしたことに対して反省の色が見られた場合、執行される刑が軽くされることがあります。この情状を汲み取って刑の軽重を考慮することを「酌量」と言います。

犯罪を犯した人に対して、「執行猶予」というものが課されることがあります。「執行猶予」とは、有罪判決が出たとしても、被告人の情状を考慮し、言い渡された期間の中で、一定の期間、刑務所の外で生活をしながら罪を償う制度です。つまり、刑務所から早く出してもらうことができるのです。

まさに、これは情状酌量された一つの例です。

 

ちなみに、減刑をする理由には二通りあります。それは、「法律上の減刑」と「裁判上の減刑」です。

法律上の減刑は、犯罪者の過剰防衛が認められた時や、犯罪者が自首した場合などに適用されます。

それらを控除して、犯罪者が事件を起こした時に置かれていた境遇や、犯行の動機など、哀れむべき点が認められた時に裁判上の減刑が適用されます。つまり、この状態が「情状酌量」されたものです。

 

裁判上の減刑は、裁判官の裁量によって決められます。したがって、「情状酌量」は「犯罪者の同情を汲み取って刑を軽くする」という意味になります。

スポンサードリンク

「情状酌量」の使い方

  1. 裁判官は、被告人に対して情状酌量の余地があると判断した。
  2. 逮捕されてもなお、反省の色が見られないので、情状酌量の余地はないだろう。
  3. その容疑者は、情状酌量されることで、刑が軽く済んだ。
  4. 電車の遅延が原因で、大幅に遅刻してきた彼には、情状酌量の余地がある。
上記で解説した通り、「情状酌量」は裁判で使われる用語です。普段、使う機会としては、❹のように、責めることのできない、致し方無い理由があった時などにおいて、日常生活でも使うことができます。

「情状酌量」は、主に「情状酌量の余地」という形で使われることが多いです。

「情状酌量」の類義語

情状酌量には以下のような類義語があります。

  • 酌量減軽(しゃくりょうげんけい):刑事裁判で、裁判官が犯罪の情状をわきまえて、刑を軽くすること

「酌量減軽」も、裁判でよく用いられる用語です。

スポンサードリンク

「情状酌量」の英語訳

情状酌量を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • taking the extenuating circumstances into consideration
    (臨機応変な事情を考慮して)
  • plead extenuating circumstances
    (情状酌量を求める)
  • mercifulness
    (法に携わる人や、裁判所などが示す寛大さ)

“taking the extenuating circumstances into consideration” と “plead extenuating circumstances” に共通している “extenuating circumstances” があります。

これは、「酌量すべき情状」という意味を持ちます。ですから、 “extenuating circumstances” が入ることによって、二つの文は「情状酌量」という意味を成します。

“mercifulness” は法廷に関わる人の心の広さを表す英単語です。これは、「情状酌量」が裁判官の良心によって決められることに由来します。したがって、「情状酌量」と言い表すことができるのです。

まとめ

以上、この記事では「情状酌量」について解説しました。

読み方 情状酌量(じょうじょうしゃくりょう)
意味 裁判で、さまざまな事情を考慮して、刑を減刑すること
類義語 酌量減軽
英語訳 taking the extenuating circumstances into consideration(臨機応変な事情を考慮して)

「情状酌量」は、主に刑事裁判の中で適用されます。犯罪者に刑を下す裁判の中で、犯罪者に寄り添い、同情を受け入れてくれる非常に優しい制度です。

ですが、それゆえに起こる問題もあります。減軽が果たして本当に必要であったのか、など「情状酌量」には論争が生まれることもあります。それでも、「情状酌量」は公平をきたさなくてはならない裁判で、非常に大切な制度です。

スポンサードリンク