意外と知らない!「辞職」と「退職」の違い

違いのギモン

会社を辞める、という意味を表す「辞職」と「退職」。どちらも似たような意味で混同しがちですが、それぞれ意味は異なります。

今回は、その違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:自らの意思で辞めるのかどうか

「辞職」は、自分の意思で会社を辞めることいいます。

「退職」は自らの意思あるいは会社の都合で会社を辞めることをいいます。

また、役職のある人が会社を辞める場合は、基本的に「辞職」という言葉を使います。

「辞職」をもっと詳しく


「辞職」とは、自らの意思で会社を辞めることをいいます。

家庭の事情や転職、職場に対する不満など、どんな内容であれ自分の意思で会社を辞める場合は「辞職」という言葉を使います。

「退職」とは違い、人事整理やリストラなど会社の都合で仕事を辞めるときは「辞職」とは言いません。

 

辞職という言葉は、基本的に課長以上の役職のある人が会社を辞める場合に使います。

その際も自分の意思が含まれているかどうかがポイントで、会社の承諾は必要ありません。

 

しかし、会社が何か問題を起こした場合など、責任を取って社長などの役職の人が辞職を選ぶ場合があります。

このように役職のある人が会社を辞めざるを得ないような場合にも辞職という言葉を使います。

 

なお、何か問題を起こして辞職する場合は退職金を受け取ることが難しくなっています。

この場合は会社が就業規定や退職金規定に定めている “自己都合による退職” にあてはまる可能性が高いためです。

一方、円満な辞職の場合は退職と同じ扱いになるため、退職金をしっかり受け取ることができます。

 

自分の意思で辞めるかどうかや、立場の違い、退職金の有無などに注意しましょう。

スポンサードリンク

「退職」をもっと詳しく


「退職」とは自分または会社側の都合により会社を辞めることをいいます。

会社側の都合に限らず、自分の意思でなく会社を辞めざるを得なくなった場合も退職という言葉を使います。

たとえば、実家の家業を継ぐために会社を辞めるといった場合も、自分の意思ではない場合は「退職」といいます。

 

また、派遣やアルバイトとして勤務していて、契約期間が終了した場合も退職、といいます。

このように契約期間の満了による退職や、会社側の都合の退職するときは、退職金規定に基づいた給付率で退職金を受け取ることができます。

職業安定所に給付金の申請手続きを行うのですが、とりわけリストラなど会社都合による退職の場合は短期間で給付金を受け取ることができます。

 

この手続きの際に「辞職」と書いてしまうと自己都合で会社を辞めるとみなされ、受給までに数か月かかることもあるので、注意しましょう。

また、定年退職である場合も退職金を満額受け取れるため、円満に退職することも退職金をきちんと受け取るポイントだと言えます。

 

ここで気をつけなければならないことは、退職の制度が、会社の許可制ではないということです。

退職において「会社の承諾」という表記はありますが、会社の許可が必要なわけではありません。

従業員が退職を申し出たら、会社側の権利としては基本的には退職の時期をずらすことくらいしかないため、従業員は自らの意思があれば退職は可能ということです。

 

今は退職の予定がない人も、今後をトラブルを避けるためにも、これらの言葉に意味の違いがあることをぜひ知っておくべきでしょう。

まとめ

以上、この記事では、「辞職」と「退職」の違いについて解説しました。

  • 辞職:役職のある人が、自分の意思で会社を辞めること
  • 退職:自分の意思あるいは会社の都合で会社を辞めること
どちらも会社を辞めるという意味の「辞職」と「退職」。法的にも異なる概念であることがわかりました。スムーズに手続きを進めるためにも、違いをしっかりと把握しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク