心理学用語「自己中心性バイアス」とは?意味と具体例を解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、心理学用語の「自己中心性バイアス(じこちゅうしんせいばいあす)」です。私たちと日々隣り合わせの概念であるため、ぜひとも意味を押さえておきたいところです。

以下では、「自己中心性バイアス」の意味・具体例・由来・英語訳についてわかりやすく解説します。

「自己中心性バイアス」の意味をスッキリ理解!

自己中心性バイアス(じこちゅうしんせいばいあす):自分の持っている知識を基準にして、他者の心の状態を捉えること。

「自己中心性バイアス」の意味を詳しく

「自己中心性バイアス」は、自分が持っている知識を基準にして、他者の人の心理を考えることです。また、過去に起こった事柄を自分にとって都合が良いように考えてしまうという意味もあります。

「自己中心性」という言葉はよく耳にするのではないでしょうか。自己中心性とは、自分と他人を区別することができず、他人の心情などを客観的に考えることができないことです。

「バイアス」とは、「偏り」という意味があります。主に思考の偏りを意味し、視野が限定された状態で物事を考えることを言います。

上記の2つの単語からなるのが「自己中心性バイアス」という用語です。

 

「自己中心性バイアス」とは、他者の心情を考えるときに、自分自身の心情を参考にして考えることであり、多くの人がこのような特徴を持っています。

「自己中心性バイアス」の意味をご覧になると、マイナスのイメージを持ってしまうかもしれません。

自分自身の心情を参考にして他者の心情を考えるので、正確に他者の心情を捉えることができないということもあります。しかし、「自己中心性バイアス」がなければ、他者のことを客観的に考えすぎてしまうため、人間関係に疲れてしまうこともあります。

そのため、上手く「自己中心性バイアス」と関わる必要があります。

「自己中心性バイアス」の具体例

共働きで子育てをしている夫婦がいるとします。協力しあって仕事と子育ての両立をしているつもりでも、お互いに自分のほうが頑張っていると感じることがあります。

 

たとえば、お互いに以下のようなことを考えていたとします。

一方は、主な収入源となることで、子供に金銭的な不自由を与えていないという自負があります。もう一方は、子供と積極的に会話をし、人間的な成長を直接的に促しているのは自分だという考えがあります。

両者はそれぞれ、お金を稼ぐこと、また子供と積極的に接すること、という限定的な事柄を軸にして、自分の頑張りを評価しようとしています。

そうすると、自分と相手の視座が異なり、相手がしていることのほうを軽く見てしまうのです。

 

上記の例は、自分だけの軸で物事を見てしまっている点で、「自己中心性バイアス」が働いていると言えます。

「自己中心性バイアス」の由来

神戸大学大学院人間発達環境学研究科の林創准教授らは、小学生や高校生、大人に関しての「自己中心性バイアス」について研究を行いました。それは、次のようなものです。

 

一般的に、偶然起こった事象よりも、意図的に起こされた事象の方が、人はより強く感情を動かされると考えられます。

たとえば、大切なにしていたものが偶然壊れるよりも、意図的に壊される方がショックが大きいです。

ただ、第三者の立場に立つと、話が変わってきます。

 

ある女の子Aさんが大切にしていたものを、Aさんが居ない間に、Bさんが意図的に壊したとします。Aさんは、それを後程見つけました。

この時、Aさんからすれば、それが偶然壊れたものか、意図的に壊されたものかどうかがわかりません。そのため、原因はどっちであれ、ショックの程度は変わりません。

ただ、Bさんが意図的に壊したと知っている第三者に感想を聞くと、違う答えが返ってきました。第三者は、Bさんへの怒りの感情から、意図的に大切なものを壊されたAさんが可哀想だと考えたのです。

 

これはつまり、「Bさんが意図的に壊した」という、自分だけが知っている知識がフィルターとなった上で、Aさんの気持ちを推察していることを意味します。自分だけの視座で物事を判断している点で「自己中心性バイアス」と言えます。

ほとんどの子供は成長するにつれて、相手の立場に立って物事を考えられるようになります。

しかし、大人になっても自分が持っている知識を基に相手の心情を考えてしまう「自己中心性バイアス」が見られることがこの研究からわかりました。

「自己中心性バイアス」の英語訳

「自己中心性バイアス」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Egocentricity bias (自己中心性バイアス)
  • Self-centered bias (自己中心性バイアス)

“egocentricity”は”自己中心”、”self-centered”は”自己中心の、利己的な”という意味です。

“He is a self-centered person.”(彼は自己中心的な人だ。)

などの使い方があります。

まとめ

以上、この記事では「自己中心性バイアス」について解説しました。

読み方自己中心性バイアス(じこちゅうしんせいばいあす)
意味自分が持つ知識を基準にして相手の心の状態を捉えること。
由来神戸大学教授による、他人の感情推察に関する実験
英語訳egocentricity bias, self-centered bias

「自己中心性」という言葉から「自己中心性バイアス」の意味を考えやすいですが、上記の解説や具体例を読んでいただき、正しく意味を覚えましょう。