実は全くの別物!「Java」と「Javascript」の違い

違いのギモン

プログラミング初心者でも、「Java」と「Javascript」のいずれかは耳にしたことがあると思います。この二つが同じものだと思い違いをしている人も多いのではないでしょうか。

プログラミングに精通している人でも、名前の似ている「Java」と「Javascript」は混同しがちです。これだけ名前が似ているのだから、何か関連していると思われがちですが、実は全く関係ないのです。

メロンパンとメロンぐらい関係がないと言われる「Java」と「Javascript」の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

序論

「Java」と「Javascript」はどちらもプログラミングに使われる言語です。しかし、大きく分けてプログラムが実行する場所何が開発できるかの二つの違いがあります。

その二つの違いを詳しく見ていきましょう。

「Java」と「Javascript」のプログラムが実行する場所とは

「Java」と「Javascript」ではそのプログラムが実行される場所が異なります。それでは実際にどのような場所の違いがあるのか説明します。

「Java」のプログラムが実行する場所

Java は主にサーバーと呼ばれるところでプログラムが実行されます。サーバーとは、Google や Yahoo などの会社が実際に持っている巨大なコンピュータを指します。これらのサービスを使っている時、ネットを介してサーバーに繋がり、そのコンピュータの内部で処理が行われているのです。

つまり、既読をつけたりいいねボタンを押したりするとき、サーバーに繋がっていて、Java で作られたプログラムが実行されているのです。

 
そして、Java にはもう一つ大きな特徴があります。それはどんな環境でも動作が行えるということです。

プログラミングは大抵どこのシステムで動くかが決まっています。例えば、Windows で使われる Word や PowerPoint を Mac で使おうとしても動きません。また、反対に Mac で使われる Pages は Windows では動きません。

しかし、Java を用いて作られたプログラムは Windows、Mac、Linux などのシステムを問わず動くことが可能なのです。要するに、Java でかいたプログラムはシステム関係なくどこでも活躍できるということなのです。

「Javascript」のプログラムが実行する場所

Javascript は主にウェブページ内でプログラムが実行されます。今までに、ウェブページの中で背景が定期的に変わったり、文字が点滅したり、動きのあるものを見たことのある人は多いと思います。それらの動作は、Javascript によってプログラムされているのです。

上で説明したように Javascript はウェブページで実行されるので、HTML や CSS と共に使われることが多いです。HTML で骨組みを作り、CSS で飾り付けをして、さらに Javascript で動きを付けることで、私たちが目にするウェブページが作られているのです。

スポンサードリンク

「Java」と「Javascript」は何が開発できるのか

「Java」と「Javascript」ではプログラムが実行される場が違うので、もちろん開発できるものも違います。それでは具体的にどのようなものが開発できるのかについて詳しく見ていきましょう。

「Java」で開発できるもの

Java で開発できるものの一つが小規模なアプリケーションです。例えば、Facebook や Twitter などの Web サービスや、Andoroid の携帯アプリなどです。

もう一つが大規模な業務システムです。例えば、みずほ銀行のシステムには Java が用いられています。

「Javascript」で開発できるもの

Javascript で開発できるものの代表的な例が、動きがあるウェブページです。動きというとアニメーションだけを想像しがちですが、例えば目次の第三章をクリックすると流れるようにその場所まで移動する機能も Javascript によって作成されているのです。

その他にも開発できるものはあるのですが、まずは基本をバッチリおさえてここでは割愛したいと思います。

まとめ

ここでは「Java」と「Javascript」の違いを、プログラムが実行する場所何が開発できるのかという二つの視点から解説しました。

プログラムが実行する場所
  • Java:サーバという各会社が持つ巨大なコンピュータ内でプログラムが実行する
  • Javascript:各ウェブページ内でプログラムが実行する
何が開発できるか
  • Java:小規模なアプリケーションや大規模な業務システムなど
  • Javascript:動きのあるウェブページなど

Java と Javascript の違いを二つの観点から知ることで、プログラミングの知識がより深まったのではないでしょうか。それぞれ、プログラミングが実行する場所と何が開発できるかの違いをおさえて Java と Javascript の両方を使いこなせるようになれるといいですね。

スポンサードリンク