ことわざ「いざ鎌倉」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「いざ鎌倉」です。

言葉の意味・使い方・由来・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「いざ鎌倉」の意味をスッキリ理解!

いざ鎌倉:さあ大変だ、一大事が起こったという意味

「いざ鎌倉」の意味を詳しく

「いざ鎌倉」とは、さあ大変だ、一大事が起こったという意味のことわざです。また、「一大事が起こったから、今すぐ駆けつけなければ」という意味もあります。急を要するような大事件が起きた場面で使います。

昔に比べると「いざ鎌倉」を使う人は少なくなってきました。鎌倉へ旅行へ行くという意味や、大変なことが起きたので逃げたという意味で「いざ鎌倉」使用するのは間違いです。

たとえば、「いざ鎌倉という気持ちで、鎌倉に旅行することにした」や「ケンカが始まったので、いざ鎌倉という気持ちで逃げた」は適切な使い方ではないといえます。

スポンサードリンク

「いざ鎌倉」の使い方

  • いざ鎌倉というときのために、日ごろから準備をしておくことは大切だ。

この例文では、「一大事が起こったから、今すぐ駆けつけなければ」という意味で「いざ鎌倉」を使用しています。

「いざ鎌倉」の由来

「いざ鎌倉」は、北条時頼(ほうじょうときより)の伝説が由来になっています。

この話は、謡曲(ようきょく)(※1)『鉢木(はちのき)』に出てきます。北条時頼は鎌倉幕府での執権職(※2)を辞め、僧となって諸国を視察していたという伝説があります。

 

ある日、時頼が旅をしていたところ、大雪が降りました。そのため、佐野源左衛門常世(さのげんざえもんつねよ)という貧しい武士の家に泊めてもらうことにしました。

常世は梅や松、桜の木を囲炉裏(いろり)で焚いて、出来る限り時頼をもてなしました。そのとき、常世は以下のように言いました。

「一族に領土を取られてしまって、今はこのような貧しい生活です。しかし、甲冑(かっちゅう)や長刀(なぎなた)、馬は準備しています。そして、いざという時には一番に鎌倉へ行き、敵と戦う覚悟です。」

 

その後、常世は鎌倉幕府から召集の連絡を受けました。そして、彼はすぐに痩せた馬に乗って、鎌倉に駆けつけました。そこで、常世は自分が泊めた僧侶が、実は時頼だったことに気づきます。

時頼は、常世の言ったことは本当だったと感心します。そして、時頼は常世の領地を取り戻しました。さらに、大切な木を焚いて、もてなしてもらったお礼に、新たに3カ所の領地を常世に与えました。

この話のように、鎌倉幕府で何か大変な事件が起きたときは、武士は鎌倉に行きます。この話から、「いざ鎌倉」ということわざが使われるようになりました。

  • 謡曲(※1):能の脚本のこと
  • 執権職(※2):鎌倉幕府の役職名で、将軍の補佐をする人
スポンサードリンク

「いざ鎌倉」の英語訳

「いざ鎌倉」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Event of an emergency
    (緊急事態)
  • Case that something major happens
    (一大事が起きた)
  • When it comes to crunch.
    (危機的状況になる。)

まとめ

以上、この記事では「いざ鎌倉」について解説しました。

意味 さあ大変だ、一大事が起こった、という意味
由来 鎌倉に緊急事態が起きたら、一番最初に駆けつけると言ったこと
英語訳 Event of an emergency(緊急事態)

常世のように日ごろから備えをして、すぐに行動できるようにしておくことは大切ですね。

スポンサードリンク