どっちが正しい?「一所懸命」と「一生懸命」の違い

違いのギモン

何かを精一杯することを表す言葉に「一所懸命」と「一生懸命」という2つの四字熟語がありますが、この違いを知っていますか?

読み方も漢字もよく似ていて区別しづらいですが、実は由来に大きな違いがあるのです。

この記事では「一所懸命」と「一生懸命」の違いについて説明していきます。

スポンサードリンク

結論:「一所懸命」と「一生懸命」の意味に違いはない

元来は、「一所懸命」と「一生懸命」はどちらも命がけで物事をすることを表しており、意味に大きな違いはありません

しかし、「一生懸命」は「一所懸命」が転じたもので、もともとは「一所懸命」という言葉が使われていました。

「一所懸命」をもっと詳しく


「一所懸命」という言葉は中世( 鎌倉時代の頃 )にできたもので、武士が「1ヶ所の領地を命をかけて生活の頼みにすること」や「1ヶ所の土地を命がけで守ること」から生まれました

そこから、「命がけで物事をすること」「土地を守ること」「切羽詰まった状態」という意味になりました。

現在は「命がけで物事に取り組むこと」という意味を持っています。文字通り、「1つの所に命を懸ける」ということです。

しかし、日常で一般的に使われる時は「全力で取り組む」程度の意味で使われています。

スポンサードリンク

「一生懸命」をもっと詳しく


「一生懸命」という言葉は「一所懸命」が転じたものです。

「一所懸命」の命がけで取り組むという意味だけが残り、「一所」が「一生」と間違われたことから「一生懸命」という言葉が生まれました。

最初は「一所懸命」の誤用とされていましたが、「いっしょうけんめい」の方が言いやすいことから徐々に市民権を得ていきました。

現在でも「一生懸命」は一所懸命の誤りとしている辞書もありますが、「一生懸命」も間違いではないという考え方が一般的です。

一生懸命の「一生」には「人生で一度しかないこと」や「人生に関わる重大なこと」という意味があり、一所懸命の「一所」よりも強い意味を持っています。

そのため、あえて「一生懸命」という言葉を使い、より大切な場面や状況であると表すこともできます。

就活などの時には「一生懸命」を使った方が良いと考える人も多いようです。

まとめ

以上、この記事では、「一所懸命」と「一所懸命」の違いについて解説しました。

  • 一所懸命:命がけで物事に取り組むこと
  • 一生懸命:一所懸命が転じた言葉
「一所懸命」と「一生懸命」のどちらも意味は同じです。

しかし、一所懸命は「いっしょけんめい」と読む一方、一生懸命は「いっしょうけんめい」と読みます。

一所懸命を「いっしょうけんめい」と読むと間違いとなるので気をつけましょう。

スポンサードリンク