これで間違えない!「意思」と「意志」の違い

違いのギモン

「いし」には「意思」と「意志」があります。「いし」疎通、「いし」が強いなどと言う時、どちらを使えば良いのか迷ったことのある人は多いのではないでしょうか。

今回は、「意思」と「意志」の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:「意志」には積極性がある。

「意思」とは、何かをしようとする考えや思いのことを指します。考えや思いが強いかどうかは別の話です。

一方、「意志」は何かをしようとする、または、しまいとする積極的な心持ちのことを指します。

「意思」の定義


「意思」とは、何かをしようとする単なる考えや思いのことです。思いや考えの強さや積極性を問わない中立的な言葉であり、法律用語としても用いられます。

例えば、思いを伝えあう「『いし』疎通」は「意思」という字を用いますが、「『いし』が強い」などのように強さについて言及する場合は意思は使われません。

「意思」を使った例文

  1. 彼には大学に進学する意思があるようだ。
  2. この件に関してはあなたの意思に任せる。
  3. 意思表示をする。
スポンサードリンク

「意志」の定義


「意志」とは、何かを成し遂げようと、また何かを絶対にしまいとする積極的な心持ちのことを指します。単なる思いや考えの意味に留まる「意思」と違い、「意志」にはどうしてもこれを成し遂げたいという願望に近いニュアンスがあります。

意志の「志」には、自分が立てた目的に向かって心が動いていくという意味があります。これを知っておくと、「意思」と違い、「意志」には何かを達成しようとする思いの強さが宿っているということが理解できるでしょう。

そのため、「『いし』が強い」や「『いし』が固い」のように、強固な思いを表現する場合は「意志」を用います。単に考えていることや思っていることについて言及する場合は意志は使われません。

「意志」を使った例文

  1. 彼にはあの大学にどうしても進学したいという意志があるようだ。
  2. 彼女の意志は弱く、優勝には程遠いと言えよう。
  3. 出馬の意志を表明する。

➌に関しては、出馬をすると言う際には前向きな気持ちに焦点があてられると考えるのが自然であるため「意志」を用います。

まとめ

以上、この記事では、「意思」と「意志」の違いについて解説しました。

  • 意思:何かをしようとする考えや思い。強さは問わない。
  • 意志:何かを成し遂げようとする積極的な心持ち。
「意思」と「意志」は字もほとんど似ており、使い分けに迷ってしまいがちかもしれません。ですが、積極的に何かを成し遂げようとしているのかどうかを意識すれば、混同することは無くなるでしょう。

スポンサードリンク