「インテーク」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「インテーク」です。

「インテーク」の意味・使い方・語源についてわかりやすく解説します。

「インテーク」の意味をスッキリ理解!

インテーク(intake):相談者がどのような問題を抱えているか知るための最初の面接、 (水・空気などの)取り入れ口

「インテーク」の意味を詳しく

「インテーク」とは、「相談者がどのような問題を抱えているか知るための最初の面接」「 (水・空気などの)取り入れ口」を指します。

意味が二つあるため、以下で個別に解説します。

「相談者がどのような問題を抱えているか知るための最初の面接」について詳しく

この意味の「インテーク」は、ケースワークで行われる最初の面接を意味する福祉用語です。

ケースワーク:問題を抱えている相談者が自立して生活できるように支援すること

相談者が抱えている問題は様々です。「インテーク」の目的は、ケースワークにおいて、相談者がどのような相談内容を抱えていて、その背景にある問題を明らかにすることです。そのために、面接担当者は積極的に話を聞き出す必要があります。

「インテーク」では比較的長い時間をかけて丁寧に話を聞きます。そこから、面談の内容をもとに今後の支援方針などを計画していきます。複数の支援者が関わりますが、後から関わる支援者が相談者の問題を理解するためにも、「インテーク」で得られた情報は重要です。

最初の面接となる「インテーク」で必要な情報を引き出すために、相談者が安心して話せる環境を整えておくことが重要となります。

「(水・空気などの)取り入れ口」について詳しく

この意味の「インテーク」は、主に機械の外部から水や空気を取り込むための取り入れ口を意味します。

自動車や航空機などのエンジンに空気を供給するため、または機械の冷却などのために「インテーク」が取り付けられます。特に、エンジンに吸気するパイプを「エアインテーク」と言います。自動車の部品としてよく使われる言葉です。

 

また、二次元のキャラクターの髪型のひとつに「インテーク」があります。これは前方の髪の一部が持ち上がり、途中で下に折り返している髪型です。髪に動きとボリュームがでます。

「エアインテーク」の形状に似ていることから名づけられました。

「インテーク」の使い方

  1. 今日は独特な経歴を持つ相談者が来るので、インテークが非常に重要になる。
  2. エアインテークに取り付けられているフィルターの掃除はこまめにした方がいいと聞いたよ。
  3. インテーク面接でカウンセラーが緊張してしまうと相談者も緊張してしまうため、上手くいかないことが多い。
  4. そこの小さい穴はインテークだから、近くに物を置かない方がいい。
  5. 最近はインテークの女の子をめっきり見かけなくなってしまった。

上の例文のように、「インテーク」はケースワークの場面や機械の部位、髪型について使われます。

 

①の「インテーク」は「相談者がどのような問題を抱えているか知るための最初の面接」を意味します。

②は「エアインテーク」で「吸気するパイプ」を指します。

③の「インテーク面接」は「ケースワークで最初に行う面接」を指します。

④は「 (水・空気などの)取り入れ口」という意味で「インテーク」が使われています。

「インテーク」の語源

インテークの語源は英語の “intake” です。

英語の “intake” は「 (水・空気などの)取り入れ口」という意味です。カタカナ語でも同じ意味で使われています。さらに、福祉用語としてケースワークの最初の面接の意味を加わりました。

まとめ

以上、この記事では「インテーク」について解説しました。

英語表記インテーク(intake)
意味相談者がどのような問題を抱えているか知るための最初の面接、 (水・空気などの)取り入れ口
語源英語の “intake”

異なる意味を持っている言葉ですが、使われ方が違うため、文脈から意味を判断しましょう。