「インスタント」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「インスタント」です。

「インスタント」の意味・具体例・使い方・語源・類義語・対義語についてわかりやすく解説します。

「インスタント」の意味をスッキリ理解!

インスタント(instant):即座のもの。手軽なこと。

「インスタント」の意味を詳しく

「インスタント」は「即座のもの」「手軽なこと」という意味です。特に、すぐに望む結果が得られて、手間や時間がかからない状況を指します。

カードゲームである、「MTG(マジック・ザ・ギャザリング)」でも「即座の」「すぐに起こる」という意味で使います。カードのタイプのひとつを指します。

「インスタント」の具体例

「インスタント」は、「即席の」という意味から、手軽に作ることができる物の名称の一部になることが多いです。以下のような具体例があります。

「インスタントラーメン」

「インスタントラーメン」とは、「即席麺」のことです。一般的に、お湯を注いだり、鍋で茹でるだけで食べることができる麺類を指します。

「インスタントコーヒー」

「インスタントコーヒー」はお湯を注ぐだけで飲むことができる飲料です。

「インスタントメッセンジャー」

「インスタントメッセンジャー」はLINEのように気軽にメッセージを送受信可能なアプリやサービスです。

「インスタントカメラ」

撮影した後、すぐに現像を行う写真フィルムを使用するカメラを「インスタントカメラ」と言います。

ちなみに、「インスタントカメラ」で撮影した写真のことは「インスタント写真」と言います。

「インスタント」の使い方

  1. インスタントラーメンを食べる。
  2. 面倒なので、インスタントなやり方で済ませよう。
  3. インスタントカメラで彼女を撮りたい。

「インスタント」は、「インスタントラーメン」のように他の単語と一緒に使うことが多いです。また、「インスタントな」という言い方をよくします。

①は「即席麺」に関する例文です。

②の「インスタントなやり方」とは、「簡易的な方法」とも言い換えられます。

③は①と同様に、「インスタント」を他の単語と一緒に使っています。

「インスタント」の語源

「インスタント」の語源は英語の“instant”です。また、英語の“instant”を使ったフレーズもいくつかあります。

たとえば、“instant karma”です。カタカナで「インスタントカーマ」「インスタントカルマ」と表記します。意味は、「悪い事をするとすぐに、自分に跳ね返ってくる」です。ジョン・レノンの歌のタイトルにもなりました。

また、“instant classic”という表現もあります。意味は「発表後、すぐに古典になる」です。英語のスラングとして使われていて、発表されると同時に、歴史に名前を残してしまうような作品などを指します。

「インスタント」の類義語

「インスタント」には以下のような類義語があります。

シンプル

「シンプル」は「簡易的な」という意味です。「シンプルなデザイン」などと言います。「インスタント」の手順は「シンプル」です。たとえば、「インスタントラーメン」は、複雑な調理する必要はなく、「シンプル」な調理方法で作ることができます。

注意点としては、「シンプル」に「即座の」という意味はありません。

「インスタント」の対義語

「インスタント」には以下のような対義語があります。

コンプリケイト

「コンプリケイト」とは、「複雑な」という意味です。カタカナ語としては、あまり使う頻度は多くありません。「コンプリケイトな仕組み」というような使い方をします。

まとめ

以上、この記事では「インスタント」について解説しました。

英語表記インスタント(instant)
意味即座のもの。手軽なこと。
語源英語の“instant”
類義語シンプルなど
対義語コンプリケイトなど

「インスタント」は日常生活でもよく使う単語です。やはり、意味が分からないと困る時もあります。

ぜひ、この記事を参考にして「インスタント」の意味や使い方を覚えましょう。