「インライン」とは?意味や使い方をわかりやすく解説!

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「インライン」です。

「インライン」の意味・使い方・語源・さまざまなインラインについてわかりやすく解説します。

「インライン」の意味をスッキリ理解!

インライン(in-line):その場に埋め込むこと、引用

「インライン」の意味を詳しく

「インライン」とは、その場に埋め込むという意味をもつIT用語です。IT用語以外にも、アパレル業界の専門用語として使われることもあります。

しかし、この表現が一番使われる場面はビジネスシーンにおけるメールの返信です。メールに返信する際に相手の文章を引用したうえで、それに対する回答を引用文と引用文の間に記載することを「インラインメール」と呼びます。

インラインメールのメリット

インラインメールには、以下のようなメリットがあります。

インラインメールのメリット
  1. メールを全文書かなくてよい
  2. 読者にとってわかりやすい
  3. 回答漏れのリスクを減らせる

まず、メールを全文書かなくてよいので、受け手側が返信しやすいということが挙げられます。

また、インラインメールは読者にとってわかりやすいというメリットもあります。インラインメールは、相手の質問を引用し、それに対して答える形式になっているため、質問した側もどの質問に対する回答かを確認しやすいのです。

さらに、回答漏れのリスクを減らせるというメリットもあります。インラインメールでは相手のメールをそのまま引用するので、質問を読み飛ばすといった事態が発生するリスクを減らすことができます。

インラインメールのデメリット

しかし、インラインメールには以下のようなデメリットもあります。

インラインメールのデメリット
  1. インラインメールを不快に感じる人もいる
  2. メールが冗長になりやすい

まず、インラインメールを不快に感じるという人が一定数存在します。

インラインメールは相手の文章を引用するため、人によっては一から作るという手間を省いていると感じるのです。そのため手抜きのメールを送っていると勘違いされ、相手によっては関係が悪化してしまう恐れがあります。

このような事態を防ぐため、インラインメールを作成する際には本文のどこかで「インラインにて失礼します」と相手に断りを入れておくのがマナーだとされています。

また、メールの本文に相手のメールの引用文と自分の回答を載せるため、メールが冗長になるという問題点も存在します。そのため、相手から送られてきたメールの長さを考慮しつつ、インラインメールを作るべきかを判断する必要があります。

インラインメールのマナー

インラインメールを作成する際には、いくつかのマナーを守って本文を作る必要があります。

インラインメールのマナー
  1. 引用箇所に記号「>」をつける
  2. 引用箇所を書き換えない

まず、相手の文章を引用する際は、引用する箇所に「>」という記号をつけます。これがないと、どの文章が引用でどの文章が回答なのかがわかりにくくなるため、かえって相手を混乱させてしまいます。

また、引用する箇所に誤字や脱字があった場合でも、そこを自分で書き換えてはいけません。明らかな誤字や脱字の場合でも、相手が意図的にそのように書いた可能性があります。

自己判断で相手の文章を書き換えた結果、相手の意図を取り違えてしまう恐れもあります。そのため、相手の文章をそのまま引用してインラインメールを作成することがマナーだとされているのです。

「インライン」の使い方

  1. インラインで相手方に返信する。
  2. あの課長に対してインラインコメントをしてはいけないよ。

上の例文のように、インラインは相手のメールを引用して返信する状況でよく使われます。

「インライン」の語源

インラインの語源は英語の “in-line” です。

“in-line”にはもともと、部品や装置などが「直列の、一列に並んだ」という意味があります。そこから、上記で説明したような「埋め込む」という意味のIT用語として使われるようになりました。

また、 “in line with~” という「~と一致して」という意味の熟語があります。 “in-line” と似ていますが、意味は異なるので注意しましょう。

さまざまなインライン

インラインには、ビジネスメール以外にもさまざまな使い方が存在します。ここではその中でもいくつかの例を紹介します。

さまざまなインライン
  • インライン広告:webページ内に直接埋め込むように設置されている広告
  • インラインホッケー:インラインスケートを履いて行うホッケー競技の一種
  • メイクのインライン:まつ毛の下から引くアイメイク

インライン広告とは、スマホ向けのweb広告の中で、webページ内に直接埋め込むように設置されている広告のことです。読者が画面をスクロールすると共に、広告もスクロールされます。

また、インライン広告とは反対に、画面上の一定の位置に固定されスクロールしても動かない広告のことを「オーバーレイ広告」と呼びます。

 

インラインホッケーとは、ホッケー競技の一種です。車輪が縦一列についている「インラインスケート」と呼ばれるスケート靴を履いて行われます。

アイスホッケーとは違い、乾いた地面で行われるという点が特徴の一つです。

 

メイクにおけるインラインとは、まつ毛の下から引くアイメイクのことです。まつ毛の隙間を埋めるため、目を大きく見せることができます。

また同じアイメイクでも、まぶたの際(きわ)に引くものは「アイライン」と呼ばれます。

まとめ

以上、この記事では「インライン」について解説しました。

英語表記インライン(in-line)
意味その場に埋め込むこと、引用
語源英語 “in-line”

このように、インラインはビジネスシーン、特にメール返信の場面でよく使われます。人によってはインラインメールを不快に感じることもあるので、使用する場合は気をつけましょう。