「未だに」と「今だに」の違いは?意味や使い分け方を詳しく解説

違いのギモン

「未だに」と「今だに」を比較すると、「未だに」が正しく、「今だに」は誤用です。

どちらも「いまだに」と読むため、使い方に迷うことが多いのではないでしょうか。

この記事では、「未だに」と「今だに」の違いや、それぞれの言葉の詳しい意味・使い方などについて解説します。

「未だに」と「今だに」の違い


「未だに」「今だに」は、どちらも「今もまだ」という意味を示す副詞です。

つまり、以前の状態がまだ続いていることを表します。

ただし、「未だに」が正しく、「今だに」は誤用とする考え方が一般的です。

毎日新聞校閲センターによる調査では、以下のような結果が出ました。

「部活動では『いまだに』体罰が行われている」。漢字で書くと?

  • 未だに:64.7%
  • 今だに:29.6%
  • どちらでもよい:5.7%

つまり、正しいとされている「未だに」を使う人が多いです。

しかし、「今だに」も、よく使われる言葉として定着しつつあります。

 

「未だに」と「今だに」は、以下のように文法の構造とニュアンスが異なります。

文法ニュアンスの傾向
未だに未だ+にネガティブな意味
今だに今+だにポジティブな意味

ただし、ポジティブな意味で、同じ状況が続いていることを表す際に「今だに」を使う人も多いです。

ここからは、「未だに」と「今だに」についてさらに詳しく解説します。

「未だに」の意味


「未だに」には以下のような意味があります。

いまだに

今もまだ

文法的な構造は、「未だ+に」となっています。

「未だ」と「に」には以下のような意味があります。

  • 未だ
    まだ状況が続いている

  • 動作や状態のあり方を表す助詞

このように、「未だに」は、「状況が続いている状態」を表すのです。

「未」の意味

未という漢字には「若い」「小さい」など様々な意味がありますが、なかでも「まだ〜ない」という意味が「未だ」に含まれています。

「まだ〜ない」という意味の「未だ」は、以下のような熟語にも使われます。

  • 未知(みち)
    まだ知らない
  • 未来(みらい)
    まだ来ていないとき
  • 未解決(みかいけつ)
    まだ解決していない
  • 未開発(みかいはつ)
    まだ開発していない

「未だに」の使い方

「未だに」は、後ろに「〜ない」をつけて、ネガティブなニュアンスで使うことが多いです。

つまり、問題がまだ解決されていない状況に対して使うのです。

  1. 彼女から未だに連絡が来ないので、心配だ。
  2. あの強盗事件は、未だに解決していない。
  3. 卒業論文の提出日は来週だが、未だに書き終わっていない。
  4. もう祖父と会うことができないなんて、未だに信じられない。
  5. 山火事が起きた日のことは、未だに忘れられない。

ただし、「未だに」には、まれにポジティブな意味で使う場合があります。

また、ポジティブな意味もネガティブな意味も含まない場合があります。

例文を見てみましょう。

  1. 試合で優勝した日の喜びは、未だに覚えている。
  2. 今年は冷夏だからなのか、7月になっても未だに涼しいので過ごしやすい。

「今だに」の意味


「今だに」には以下のような意味があります。

いまだに

今もまだ

「今だに」は、「未だに」と同じく「今もまだ」という意味をもちます。

文法的な構造は、「今+だに」となっています。

「今」と「だに」には以下のような意味があります。


  • 現在
  • だに
    〜でさえ

つまり、「今だに」は「現在でさえ、まだ」という意味になっているのです。

「今だに」は本来誤用であり、「未だに」を使うのが正しいです。

しかし、以下のような理由から、「今だに」を使う人が多いです。

「今だに」を使う人が多い理由
  • 「今」という漢字を使った方が、「“今” もまだ」という意味が伝わりやすいから
  • 「未だに」は否定的な文で使うことが多いため、肯定文で「今だに」を用いることで使い分けたいから

「今だに」の使い方

「今だに」は本来誤用ですが、以下のように使い分けている傾向があります。

  • 未だに
    ネガティブな意味合い
  • 今だに
    ポジティブな意味合い

この点をふまえて、「今だに」の例文を見てみましょう。

  1. キャンプでの楽しい思い出は今だに鮮明に覚えています。
  2. 私たちは10年以上の付き合いだが、今だに仲が良い。
  3. 今だにこの番組が好きらしい。
  4. 私は今だにあの芸人のファンだ。
  5. おれは今だに下手だと思っている。
    [出典:夏目漱石『坊ちゃん』]

夏目漱石の『坊ちゃん』でも、「今だに」が使われています。

「未だに」「今だに」の類義語


「未だに」「今だに」には、以下のような類義語があります。

  • 今猶(いまなお)
  • 今でもなお
  • 今もなお
  • 今になってもまだ
  • 今以て(いまもって)
  • 相変わらず
  • 相も変わらず
  • なおかつ
  • 依然として
  • 尚尚(なおなお)
  • やはり

これらの言葉は、すべて「今もまだ」という意味をもっています。

「今だに」は本来誤用であるため、「未だに」や、上記のような類義語に置き換えるのが無難です。

「未だに」「今だに」の英語訳

「未だに」「今だに」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • yet
    (まだ)
  • still
    (依然として)
  • even now
    (今もなお)

それぞれの表現を用いた例文を見てみましょう。

  • She hasn’t come yet.
    (彼女はまだ来ない。)
  • I still can’t forget about the disaster.
    (私はその災害を未だに忘れられない)
  • Even now, I still can’t believe that.
    (私はまだそのことを信じられない。)

「未だに」と「今だに」の違いのまとめ

以上、この記事では、「未だに」「今だに」の違いについて解説しました。

正誤文法ニュアンスの傾向
未だに正しい未だ+にネガティブな意味
今だに誤用今+だにポジティブな意味

「未だに」と「今だに」の使い分けに迷った際は、「いまだに」と平仮名で書いたり、ほかの類義語に置き換えたりして工夫してみましょう。

ABOUT US

Chinatsu
Chinatsu
新卒1年目でWebライター3年目。 学生時代からWebライターの仕事を始め、多くの記事を執筆・編集してきました。 丁寧な解説に定評があります。