あなたは区別できる?「一級河川」と「二級河川」の違い

違いのギモン

昔から、人々の暮らしは、河川と共にありました。エジプト・メソポタミア・インダス・黄河の四大文明も、大河流域で発展しました。

現代の日本においても、河川の近くに住宅地があることが多いです。そのため、河川を身近に感じる人も多いでしょう。

そんな河川には、「一級河川」「二級河川」という種類があります。今回は、「一級河川」と「二級河川」の違いについて、わかりやすく解説します。

スポンサードリンク

結論:所属する「水系」の流域面積が違う

合流前・分岐後の川を含めた、一群の河川全体のことを、「水系」といいます。

一級河川とは、流域面積が大きい水系の中で、経済的または安全上の観点から重要度が高いと認められ、国土交通大臣が指定した河川のことです。

一方、二級河川とは、比較的流域面積が小さい水系の中で重要度が高いと認められ、都道府県知事が指定した河川のことです。

「一級河川」をもっと詳しく

「一級河川」とは、流域面積が大きい水系の中で、経済的または安全上の観点から重要度が高いと認められ、国土交通大臣が指定した河川のことです。「一級河川」は、平成30年4月時点で、全国に14065あります。

1965年に施行された河川法の4条で、以下のように定められています。

この法律において「一級河川」とは、国土保全上又は国民経済上特に重要な水系で政令で指定したものに係る河川(公共の水流及び水面をいう。以下同じ。)で国土交通大臣が指定したものをいう。

 

「一級河川」について理解する上では、「国土保全上」「国民経済上」「水系」の3つがキーワードとなります。この3つについて、順番に説明します。

まず、「国土保全上」重要とは、洪水や高潮などの災害が起こった時の被害が大きいこと・国家としてその災害の防止が重要であることを意味します。

一方、「国民経済上」重要とは、生活インフラ・企業活動を維持する上で、国家規模の大きな役割を果たしていることを意味します。

 

また、「水系」とは、合流前・分岐後の川を含めた、ひとつながりになった河川全体のことです。

河川は、基本的に山から海へ流れていきます。上流の小さな川が合流を繰り返し、徐々に下流の大きな川になります。この上流・下流の大小さまざまな河川の一群を、「水系」といいます。

 

ここで、改めて「一級河川」について、かみ砕いて説明します。

河川は、大雨が降った際には、多くの水を受けとめ、海に流す役割を果たします。また、水は生活用水や工場用水、発電、農業などに利用されます。

このような河川の役割を踏まえ、流域面積が大きく、人々の生活への影響が特に大きい水系を「一級水系」と呼びます。さらに、「一級水系」の中でも国土交通大臣が指定した区間を、「一級河川」としているのです。

 

「一級河川」は、全国に109ある「一級水系」のどれかに属しています。結果的に、住宅密集地や町の近くにある河が、「一級河川」に認定されることが多いです。

ただ、「一級水系」のすべての区間が、「一級河川」になるわけではありません。流域や規模が小さい河川については、後に説明する「準用河川」「普通河川」になることもあります。

 

さらに、「一級河川」は、「指定区間外(直轄管理区間)」「指定区間」の2種類に分けることができます。

一級河川の中でも特に重要度が高い区間は、「指定区間外(直轄管理区間)」となります。国土交通大臣が管理します。

一方、「指定区間外」に比べて重要度が劣ると、「指定区間」になります。一部の管理事務は、国土交通大臣ではなく、都道府県知事又は政令指定都市の長が行います。

 

「一級河川」になると、河川法による法規制の対象になります。

具体的には、「流水の占用の許可(第23条)」「土地の占用の許可(第24条)」「土石採取の許可(第25条)」「工作物の新築等の許可(第26条)」などが必要になります。

「一級河川」の例

東京都内だけでも、92の「一級河川」があります。今回は、その一部をご紹介します。

  • 江戸川
  • 中川
  • 綾瀬川(あやせがわ)
  • 荒川
  • 隅田川
  • 神田川(かんだがわ)
  • 日本橋川
  • 石神井川(しゃくじいがわ)
  • 多摩川
  • 仙川
  • 秋川
スポンサードリンク

「二級河川」をもっと詳しく

「二級河川」とは、比較的流域面積が小さい水系の中で重要度が高いと認められ、都道府県知事が指定した河川のことです。「二級河川」は、平成30年4月時点で、全国に7081あります。

「二級河川」は、「一級水系」に比べて流域面積が小さい「二級水系」の中から、認定されます。「二級水系」の数は、全国で2700以上あります。

 

そのため、「一級水系」の一部が「二級河川」となることはありません。また、「二級水系」の一部が「一級河川」となることもありません。

「一級河川」の方が規模が大きく、災害時の被害が大きい傾向にあります。

ただ、「二級水系」のすべての区間が、「二級河川」になるわけではありません。流域や規模が小さい河川については、後に説明する「準用河川」「普通河川」になることもあります。

 

「二級河川」については、1965年に施行された河川法の5条で、以下のように定められています。

この法律において「二級河川」とは、前条第一項の政令で指定された水系以外の水系で公共の利害に重要な関係があるものに係る河川で都道府県知事が指定したものをいう。

ここでいう「前条第一項の政令で指定された水系」とは、「一級水系」のことです。

 

「公共の利害」とは、国土保全上または国民経済上の影響のことです。つまり、「二級水系」の中で、「一級河川」と同様の観点から重要といえる河川が、「二級河川」となります。

「二級河川」に認定されると、「一級河川」同様に、河川法にもとづいて管理されます。管理者は、都道府県知事または政令指定都市の長です。

ちなみに、「三級河川」は存在しません。

「二級河川」の例

東京都内だけでも、15の「一級河川」があります。以下にまとめました。

  • 目黒川
  • 蛇崩川(じゃくずれがわ)
  • 北沢川(きたざわがわ)
  • 鳥山川(とりやまがわ)
  • 呑川(のみかわ)
  • 九品仏川(くほんぶつがわ)
  • 古川
  • 渋谷川(しぶやがわ)
  • 境川(さかいがわ)
  • 内川(うちかわ)
  • 立会川(たちあいがわ)
  • 越中島川(えっちゅうじまがわ)
  • 築地川(つきじがわ)
  • 汐留川(しおどめがわ)
  • 八ッ瀬川(やつせがわ)

「準用河川」「普通河川」をもっと詳しく

「準用河川」とは、一級河川・二級河川以外の河川のうち、市町村長が指定した河川のことです。また、「普通河川」とは、一級河川・二級河川・準用河川以外の河川のことです。「普通河川」は、河川法に記載されていません。

「準用河川」については、1965年に施行された河川法の100条で、以下のように定められています。

一級河川及び二級河川以外の河川で市町村長が指定したもの(以下「準用河川」という。)については、この法律中二級河川に関する規定(政令で定める規定を除く。)を準用する。

この場合において、これらの規定中「都道府県知事」とあるのは「市町村長」と、「都道府県」とあるのは「市町村」と、「国土交通大臣」とあるのは「都道府県知事」と、第十三条第二項中「政令」とあるのは「政令で定める基準を参酌して市町村の条例」と読み替えるものとする。

 

一級河川・二級河川に認定されていないものの、その市町村民の安全・生活上重要な河川が「準用河川」となります。「準用河川」になると、河川法の「二級河川」に関する規定が読みかえられ、適用されます。

「準用河川」の管理者は、市町村長です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「一級河川」と「二級河川」の違いについて解説しました。

  • 一級河川:流域面積が大きい水系の中で、経済的または安全上の観点から重要度が高いと認められ、国土交通大臣が指定した河川
  • 二級河川:比較的流域面積が小さい水系の中で、重要度が高いと認められ、都道府県知事が指定した河川

「一級河川」は重要度が高く、「二級河川」の重要度は低いと思っていた方も多いのではないでしょうか。もちろん「一級河川」の重要度が高いことは正しいですが、「二級河川」も人々の命や生活を守る上で大切な川です。

両者の一番の違いは、「所属する水系の流域面積の違い」です。

近年、豪雨による洪水被害があいついでいます。近場の河川に関する最低限の知識は、持っておきましょう。

スポンサードリンク