正しく使おう!「生かす」と「活かす」の違い

違いのギモン

「生かす」も「活かす」もよく使う言葉ですが、違いや使い分けが難しいですよね。この記事で詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

結論:生命に関することか、特性や能力に関することか

「生かす」は、動植物などの生命に関することを表すときに使います。

「活かす」は、特性や能力、道具などの活用を表すときに使います。

「生かす」をもっと詳しく

「生かす」は基本的に、一度途絶えた命を生き返らせる、命を保つ、死なないようにするという意味です。

いくつか例文を見てみましょう。

  • この魚はまだ食べずに生かしておく。
  • 瀕死の人を心肺蘇生で生かす。
  • あいつを生かすも殺すもお前次第だ。

このように「生かす」は生命に関することに使います。

スポンサードリンク

「活かす」をもっと詳しく

「活かす」は、能力を引き出して使う、特性や能力や道具などを有効活用するという意味です。

例文を見てみましょう。

  • 留学の経験を仕事に活かす。
  • 最新機器の能力を最大限活かす。
  • 余った時間を活かしてレポートを書く。

このように、「活かす」は能力などの活用に関して使います。

活かすを使う際に注意すること

「活かす」は常用漢字の読み方ではありません。ですから、新聞や公的な文書など、常用漢字の使用が原則となっている場面では使われません。学校のテストなどでも解答に使うことはできません。

また、「活かす」は「活用する」という意味があります。ですから人に対して使うのは失礼とされています。

「生かす」と「活かす」の使い分け

先ほども言った通り「活かす」は常用漢字の読み方ではありません。ですから、「経験を活かす」など「活かす」が意味にあっている場合でも新聞や公文書などでは「経験を生かす」というように「生かす」が使われています。

つまり、「生かす」は「活かす」の意味としても使用できるということです。

日常生活においては、自分が表わしたい意味に合わせて使って構いません。しかし、常用漢字の使用を原則としている場面では「生かす」で統一しましょう

「経験をいかす」などをよく使う履歴書は使い方に悩む場面だと思います。「活かす」を使って問題がない企業もありますが、常用漢字の使用を原則としている役所などでは良くない印象になることもありますので注意が必要です。

どのような場面にしても、「生かす」を使って間違いになることはないので使い分けに迷ったら「生かす」を使いましょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「生かす」と「活かす」の違いについて解説しました。

  • 生かす:生命に関することを表す(ただし「活かす」と同じ意味でも使用可能)
  • 活かす:特性や能力や道具の活用を表す

同音異義語の違いや使い分けは難しいですが、地道に覚えて、正しく使いたいですね。

スポンサードリンク