どう使い分ける? “however” と “but” と “although” の違い

違いのギモン

英語は、同じような意味でも違う言い回しがたくさんありますよね。

“however” と “but” と “although” もその1つで、どれも前の文章と反対のことを言うときに使いますが、違いは何だと思いますか。この記事では、 “however” と “but” と “although” の違いについて解説します。

スポンサードリンク

結論:違いは単語の位置

“however” と “but” と “although” の違いは、それぞれの単語が文章の中のどこの位置に入るかです。

“however” は、文頭、文中、文末に置けますが、 “but” は文中でのみ使い、 “although” は文頭と文中で使えます。

“however” をもっと詳しく


“however” は、文頭、文中、文末で使えます。文と文を繋げるという意味合いは薄く、 “however” の後にくる文は前の文と反対のことになります。

“however” は、堅い言い方なので、主にかしこまった場面や、丁寧な言葉遣いが必要な場面で使い、主にビジネス文書や論文を書くときや、目上の人との会話のときには、 “however” を使います。家族や友達との会話の場面では使わないことが多いです。

“however” の使い方の例

ここまで、意味や使い方を解説しましたが、それだけでは、分かりにくいので、 “however” を使った例文を見てみましょう。

・I’m busy right now. However, I can talk to you for just a few minutes.

・I’m busy right now; however, I can talk to you for just a few minutes.

・I’m busy right now. I can talk to you for just a few minutes, however.

(今は忙しいですが、少しだけならあなたと話せますよ。)

→ “however” を文中に使うときには、「;」(セミコロン)で区切ってから使い、文末に入れるときは、「,」(カンマ)で区切ってから、 “however” を入れます。

スポンサードリンク

“but” をもっと詳しく


“but” は、文中でのみ使用し、2つの文章を繋げる働きをします。

“however” よりカジュアルで、会話では日本語でいうと、「でもさー」とか「だって」と同じような響きになるので、3つの中では日常生活の使用頻度が一番高いです。

インターネットでのニュースでは、butが文頭にくることがありますが、本来は文中で使うのが正しいので、文章を書くときには気を付けましょう。

“but” の使い方の例

例文で確認して、理解を深めてみましょう。

・I like him, but I don’t know if he likes me.
(彼のことは好きだけど、彼が私のことを好きかどうかは分からないよ。)

・I’m interested in airplane, but I’m not good at Math.
(飛行機に興味があるけど、数学は得意じゃないんだ。)

→ “but” を入れるときには、いったん「,」で区切ってから文を続けます。

“although” をもっと詳しく


“although” 文頭と文中に使用できますが、これは、 “although” は後ろの文と結びつくためです。

「~にもかかわらず」という感じに、対照的な状況を表したいときに使います。

“although” 使い方の例

・Although, it snows today, I have to go to work.

・I have to go to work, although it snows today.

(今日は雪にも関わらず、仕事に行かなければならない。)

→ “although” を文中に入れるときには、「,」で区切ってから文を続けます。

スポンサードリンク

補足: “though”

“although” と似た言葉として “though” がありますが、これは文頭、文中、文末で使用でき、 “although” よりカジュアルです。会話では、文末に置く方が一番自然で、「~だけどね」という意味で使われます。

・I like skating. I’m not good at it, though.
(スケート好きだよ。そんなに得意じゃないけどね。)

まとめ

以上、この記事では、 “however” “but” “although” の違いについて解説しました。

  • “however” :文頭、文中、文末に使用可能
  • “but” :文中のみに使用可能
  • “although” :文頭と文中に使用可能

違いを知ることで、より自然な英語が身につくので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク