四字熟語「豊年満作(ほうねんまんさく)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「豊年満作(ほうねんまんさく)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「豊年満作」の意味をスッキリ理解!

豊年満作(ほうねんまんさく):作物が豊かに実り、非常に収穫が多いこと。

「豊年満作」の意味を詳しく

「豊年」は、「穀物のたくさん実った年」を表します。

農作物が例年より多く収穫できることを「豊作」と言うことから、豊作の年を「豊年」と表現するようになりました。

「満作」は、「穀物が十分に実ること」を意味し、反対に、あまり穀物が実らなかった場合には「不作」や「凶作」と表現されることがあります。

つまり、これら二つの熟語を合わせた「豊年満作」は、「稲などの作物が豊かに実り、非常に収穫が多いこと」です。

スポンサードリンク

「豊年満作」の使い方

  1. 今年は、年間を通して天候に恵まれていたため豊年満作である。
  2. お米の名産地である新潟県は、田んぼ一面に稲穂が実っていて、まさに豊年満作といった状態だった。
  3. この村では、毎年、その年の豊年満作を祈るお祭りが開催される。

「豊年満作」の類義語

「豊年満作」には以下のような類義語があります。

  • 五穀豊穣(ごこくほうじょう):穀物が十分に実ること。
  • 豊年豊作(ほうねんほうさく):農作物が豊かに実り、収穫が多いこと。

「五穀豊穣」の「五穀」とは、米、麦、粟、豆に黍(きび)または稗(ひえ)を加えた、五種類の代表的な穀物のことです。

しかし、具体的な穀物ではなく穀物の総称を表すこともあります。

また、「五穀豊穣」は中国では「五穀豊登」と言われますが、意味は同じです。

スポンサードリンク

「豊年満作」の英語訳

「豊年満作」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • a good year for crops
    (穀物が豊かに実った年)
  • large yield
    (たくさんの収穫)
  • year of a full rice harvest
    (米の収穫に恵まれた年)

まとめ

以上、この記事では「豊年満作」について解説しました。

読み方 豊年満作(ほうねんまんさく)
意味 作物が豊かに実り、非常に収穫が多いこと。
類義語 五穀豊穣、豊年豊作など
英語訳 a good year for crops(穀物が豊かに実った年)など

収穫前の時期には、全国各地のお米の名産地では、立派に実った稲穂が一面に広がります。

稲穂を使って描かれた地上絵などもあり、2015年には埼玉県行田市の田んぼアートがギネス記録に認定されました。

お米などの作物について考える際、あわせて「豊年満作」という四字熟語についても思い出してみましょう。

スポンサードリンク