30秒で分かる!“hop”と“jump”の違い

違いのギモン

“hop” と “jump”。どちらも「跳ぶ」という意味があります。しかし、あなたはこの2語の違いを説明することができますか?

“hop” と “jump”は実はそれぞれ表現するニュアンスが違うんです。ネイティブの英語話者と喋る時に、違和感を与えることなく自然な会話をするためには、このような使い分けが非常に重要になります。

今回は、なかなか違いが分からない、“hop” と “jump”の違いを解説していきます。

スポンサードリンク

結論: “hop” は小さく跳ぶ。 “jump” は大きく跳ぶ。

“hop” は小さく跳ぶ時、小動物が跳ぶ時、片足で跳ぶ時に使用します。一方 “jump” は普通に跳ぶ時、人や大きめの動物が跳ぶ時、両足で跳ぶ時に使用します。

“hop” をもっと詳しく


“hop” には「ぴょんと跳ぶ、軽快に素早く跳ぶ、片足で小さく跳ぶ」という意味があります。 また、口語では「飛行機で行く、短期間旅行する」という意味もあります。同じく「跳ぶ」という意味を持つ“jump” に比べると、小さく、軽いイメージです。

“hop” 使用例文

・He is hopping from one foot to another.
(彼は片足ずつ交互に跳んでいる。)

片足で跳ぶ場合には “hop” を使います。

・A baby rabbit is hopping around.
(子ウサギが跳び回っています。)

→スズメやウサギなど、小さい生物が跳ぶ場合には “hop” を使うことが多いです。

・He hopped into a airplane to tour Europa.
(彼はヨーロッパを周遊するため、飛行機へ乗り込んだ。)

→あまり公式的な意味ではありませんが、このように使うこともできます。

スポンサードリンク

“jump” をもっと詳しく


“jump” には「跳ぶ、跳びあがる、飛びつく」という意味があります。 “hop” よりも大きく、両足で何かを飛び越えるニュアンスが強いです。使用頻度としては“hop”よりも多いです。

“jump” の使用例文

・The man jumped over the deer fence.
(男は鹿用フェンスを越えた。)

“hop” より大きな跳躍を表現します。

・When the train I rode jumped the rails, I jumped with surprise.
(私が乗っていた電車が脱線したとき、私は驚いて跳びあがった。)

→電車が脱線するときにも使用することができます。

・He jumpped at a chance to make a lot of money.
(彼は大金を手に入れるチャンスに飛びついた。)

→物理的に飛びつくだけでなく、「金、おいしいもうけ話、結論」など、イメージとして飛びつく場合にも使用します。

まとめ

以上、この記事では、 “hop” と “jump” の違いについて解説しました。

  • “hop” :小さく跳ぶ、片足で跳ぶ
  • “jump” :大きく跳ぶ、両足で跳ぶ

“hop”は小さな動物、“jump”は大きな動物をイメージするといいかもしれません。また、それぞれの単語には派生した意味があり、使い方も多様です。今回の例文以外にも多くの表現があるので、気になる方は調べてみてください。

スポンサードリンク