「ヒエラルキー」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ヒエラルキー」です。

「ヒエラルキー」の意味・使い方・語源・カーストとの違いについてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ヒエラルキー」とは?

ヒエラルキー(hierarchy):組織や社会におけるピラミッド状の階層構造

「ヒエラルキー」の意味を詳しく

「ヒエラルキー」とは、ピラミッド型に上位から下位までそろった階層構造のことです。

大企業や役所などをイメージするとわかりやすいでしょう。大企業を例にとって考えてみます。

大企業のトップには、社長がいます。そしてその下に、常務や取締役がいて、さらに下に部長、課長、係長と続きます。これらの役職の上下関係は明確で、ピラミッドを輪切りにするように、役職の「位置づけ」を整理することができます。

 

ヒエラルキーという言葉を使う場合は、支配される下層を意識するニュアンスが含まれることが多くあります。たとえば、上層が大きな権力を握る一方で、下層は上層の言いなりになっていたり虐(しいた)げられていたりするような響きを伴うことがあるということです。

スポンサードリンク

「ヒエラルキー」の使い方

  1. 全国の行政は、霞ヶ関の中央省庁をトップとするヒエラルキーの中にある。
  2. ヒエラルキーの下に置かれた関連工場は、本社の出す難題に従わざるを得なかった。
  3. 江戸時代の社会には、士農工商の明確なヒエラルキーがあった。

上の例文のように、ヒエラルキーが「ある」という使い方をすることが多いです。また、ヒエラルキーの「上」「頂点」「トップ」などと、上下を表す言葉で階層を表します。

「ヒエラルキー」の語源

「ヒエラルキー」は、支配に関係する言葉です。

語源は、古代ギリシャ語の “ἱεραρχία(ヒエラルキア)” です。これは「司祭長による支配」という意味です。司祭長とは、キリスト教(カトリック)の聖職者のうち比較的地位が高い役職です。階層的な支配を表していますね。

“archy” は「支配」を意味し、政治体制などを意味する英単語にも使われています。例としては、 “monarchy(君主政)” “anarchy(無政府制)” があります。

「ヒエラルキー」は古代ギリシャ語から英語に入ってきて、意味が変化します。もともとは天使の天上界での序列や、カトリック教会の聖職者の序列という意味で使われてきました。しかし、現在ではあまり宗教的な意味はありません。

 

本などでたまに見かける「ヒエラルヒー」は、ドイツ語での読み方です。ヒエラルキーとの意味の違いはありません。

英語での発音は、「ハイアラーキー」となります。この書き方も、たまに本で見かけるかもしれません。

スポンサードリンク

「ヒエラルキー」と「カースト」の違い

「ヒエラルキー」は階層構造という意味です。一方、「カースト」は差別的な身分制度をさします

もともと、カーストはインドで作り出されたものです。インドでは、内容は違いますが、江戸時代の日本のように4つの身分がありました。また、「結婚はその中で行う」という職業集団もありました。植民地化にあたって、この2つの制度を混ぜて非常に固定的な身分制度を作ったのです。

カーストは、一生変わることができません。その点も、出世が見込める企業などのヒエラルキーとは違いますよね。

カーストは非常に差別的です。生まれながらにして、他の身分から差別をされる立場にあって、その立場から抜け出せない人もたくさんいます。インドの伝統ではなく、植民地支配の遺物ですが、廃止はまだまだ先のことのようです。

 

「スクールカースト」という言葉も、最近よく聞くでしょう。ここでのカーストは、インドの身分制度とも、ヒエラルキーとも違います。しかし、「カーストが低い」生徒が上の地位に上昇できないことや、差別的なことは、カーストと似ているかもしれません。

まとめ

以上、この記事では「ヒエラルキー」について解説しました。

英語表記 ヒエラルキー(hierarchy)
意味 組織や社会におけるピラミッド状の階層構造
語源 古代ギリシャ語の “ἱεραρχία(ヒエラルキア:司祭長による支配)”
カーストとの違い カーストは身分制度。差別的で、上昇は見込めない

ヒエラルキーは難しい響きがする言葉ですが、意味を理解すれば便利に使えます。世の中にはいたるところに階層構造があるので、ヒエラルキーという言葉を正しく使っていきたいですね。

スポンサードリンク