「弊害(へいがい)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「弊害(へいがい)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「弊害」の意味をスッキリ理解!

弊害:他の物事に与える悪い影響

「弊害」の意味を詳しく

「弊害」は、あることをすると、同時に他のことに対しておこる悪影響を指します

何かをするときは、メリットとデメリットの両方があることがほとんどです。Aを改善する対策をとると、Bが悪くなってしまうという事態は、よく起こります。この場合の「Bが悪くなること」が弊害です。

 

より具体的な例を挙げてみましょう。

エジプトのナイル川は、大昔から毎年のように氾濫(はんらん)を起こしていて、住民を悩ませてきました。そこで、20世紀に氾濫を防ぐためのダムが作られました。ダムは氾濫を防いでくれる上に水力発電もしてくれるということで、一見良いことばかりでした。

しかし、ダム建設の影響で、氾濫によってナイル川下流にもたらされていた栄養分が流れてこなくなり、農業は大きなダメージを受けました。実は、古代エジプト文明を支えていたのも、ナイル川の氾濫によって栄養分が流れてくることによる豊かな農業生産だったのです。

 

つまり、一見メリットばかりに思えたダム建設は、実際には農業生産力を低下させるという弊害ももたらしてしまったのでした。

このように、ある面では良いことをしても、他に対しては悪い影響が出るということがあります。後者の可能性を事前に考えておくことが大切なのです。

スポンサードリンク

「弊害」の使い方

  1. 発展途上国の大都市では、急速な発展の弊害としてスラムが広がっている。
  2. 化学肥料は効率よく作物を育ててくれる一方で、土壌がやせるという弊害がある。
  3. 大型ショッピングモールが開業したことで、道路が渋滞するという弊害が生じている。

上記の例文のように、「弊害がある」「弊害が生じる」という言い方をよくします。

「弊害」の類義語

「弊害」には以下のような類義語があります。

  • 悪影響:ほかの物事に与える悪い影響
  • 副作用:薬が目的以外にはたらく(悪い)作用

また、特に経済的な弊害を指す「外部不経済」という用語があります。

外部不経済とは、経済的な取引関係のある範囲の外で、意図せずに周囲に不利益をもたらしている状態を指します。ここで言う経済的な取引とは、売り手と買い手が等しい価値の資源を交換することです。一例ですが、300円 の商品と 300円 のお金を交換することは経済的な取引と言えます。

たとえば、工場を作るとその会社は作ったものを売れるため儲かります。しかし、周りにゴミや排水をまきちらしていれば、農業や漁業にダメージが出たり、土地の値段が下がったりするという弊害を周囲にもたらします。

この例で言えることは、この工場は周囲にもたらす弊害に対して費用を払っていないということです。一方的に周囲の人が迷惑を被っているという状況です。このように、等しい価値を双方が交換することなく、一方的にどちらかに不利益が生じることを外部不経済と言います。

スポンサードリンク

「弊害」の英語訳

「弊害」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • malady
    (副作用、弊害)
  • negative effect
    (悪い影響)

弊害を1単語で言おうとすると “malady” となります。副作用と言う際も “malady” を使います。

まとめ

以上、この記事では「弊害」について解説しました。

読み方 弊害(へいがい)
意味 他の物事に与える悪い影響
類義語 悪影響、副作用など
英語訳 malady(弊害), negative effect(悪影響)など

物事を考えるときは様々な側面から考えないと、弊害を見落とすことになってしまいます。メリットとデメリットを考えてから判断できるようになりたいですね。

スポンサードリンク