しっかり使い分けたい「発育」と「発達」の違い

違いのギモン

物事のステップアップを意味する言葉として、「発達」と「発育」があります。みなさまは、この「発達」と「発育」の違いをはっきり区別することができるでしょうか。どちらも成長することですが、使われ方や意味は少し違います。

この記事では、2つの言葉の違いを詳しく説明していきます。この記事を通して、2つの言葉の違いをはっきりと理解し、正しい日本語を身に着けてください。

スポンサードリンク

結論:意味の広さが違う

発達は体や精神といった運動機能の成長、技術や文明の機能の成長といった意味で幅広く使われています。

一方で、発育は生物が育って大きくなることを表します。

「発達」をもっと詳しく

「発達」には3つの使い方があります。

  1. 体や精神の成長
  2. 機能が発展すること
  3. 規模が大きくなること
①では人の身体機能や運動機能が成長することを表します。②ではテクノロジーや文明のような機能の発展を表します。つまり体や文明のように今までよりも成長することを意味します。

③は、低気圧の度合いが強くなってやがて台風となるように、そのもののスケールが大きくなることを表しています。

つまり、人間の内部の目に見えない機能の成長、文明などの社会の成長、台風の規模が大きくなることの3種類の使われ方をします。

「発達」の使い方の例

  1. 精神が発達する
  2. 人工知能が発達する
  3. 台風が発達する
①では、精神が強くなることを指して「発達」を用いています。

②では、人工知能というツールが、その機能を高めていくさまを「発達」と言っています。

③では、台風がさらに勢力を強めている様子を「発達」と表現しています。

スポンサードリンク

「発育」をもっと詳しく

発育は生物が育って大きくなることです。

発達とは違い、身長や体重のような目に見える成長を表すときに使われます。「赤ちゃんが発育する」や「発育段階」など、生物の成長を意味して使うことが多いです。

「発育」は生物の成長の中でも、赤ちゃんや幼児など幼い子供に対して使われることが多いです。また植物などに使うときも同様に、「芽が発育する」のように若い植物に使います。

「発育」の使い方の例

  1. 赤ちゃんが発育する
  2. 子供の発育段階
  3. 発育不良
  4. 芽が発育する
すべて、幼少期における成長を指して「発育」を用いています。③の発育不良とは、体重の増加や身長の伸びが送れていることを指す言葉です。

「発達」の英語訳


「発達」は英語で”development”です。

たとえば、”Economic development”(経済発達)や”Cultural development”(文化的発達)などが使用例です。このように、発達は経済や文化などの社会的な成長を表す使い方になります。

スポンサードリンク

「発育」の英語訳


「発育」は英語で”growth”です。

例文は、”Child growth”(子供の発育)などです。ちなみに英語では「発育」を使うときにも”development”を使うこともありますが、生物の成長には必ず”growth”が使われます。

「発展」との違い

「発達」や「発育」と似た意味の言葉に「発展」があります。どれも、上の段階へ進むことを指しますが、どのように違うのでしょうか。

「発展」は、物事の勢いが更に増し、スケールが大きくなることを言います。

「発達」のように物理的な意味では用いません。また、「発育」のように生物の成長を指すわけでもありません。

「文化が発展する」や「大きな事件に発展する」など、形のない概念が、1つ上の段階へと規模を大きくすることが「発展」です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「発達」と「発育」の違いについて解説しました。

  • 発達:機能の成長と規模が大きくなること
  • 発育:生物が大きくなること
「発達」と「発育」にはこのような違いがあります。2つの言葉はともに成長することの意味ではありますが、何が成長するかによって、使い方は違います。2つの言葉の違いを友人にも教えてあげてみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク