ことわざ「鼻毛を抜く」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「鼻毛を抜く」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「鼻毛を抜く」の意味をスッキリ理解!

鼻毛を抜く:相手をだまし、出し抜くこと

「鼻毛を抜く」の意味を詳しく


「鼻毛を抜く」は、相手をだまし、出し抜くことを意味することわざです。また、「相手を惑わす」「相手を手玉に取る」という意味もあります。同じ意味で「鼻毛を読む」とも言います。

後者の意味は、特に男性が好意を持っている女性にあしらわれた時に、「鼻毛を抜かれる」「鼻毛を読まれる」という受け身の形で使います。

また、同じ意味で「鼻毛を数える」とも言います。この言葉には「鼻毛を抜く」の意味に加え、「相手の考えを見抜いて機嫌をとる」という意味もあります。

「鼻毛を数える」の由来

「鼻毛を抜く」と同様に鼻毛を使ったことわざとして、「鼻毛を伸ばす」「鼻毛が長い」があります。この2つの表現は、どちらも「男性が女性の魅力におぼれること」を意味します。

「鼻毛を伸ばす」「鼻毛が長い」の由来は、男が女に夢中になりすぎて、鼻毛の手入れがおろそかになることです。

それに対し、「鼻毛を数える」の由来は、男が伸ばした鼻毛を女に見られ、数えられることです。

つまり、「鼻毛を数える」は「鼻毛が伸び、長くなった」状態が前提となったことわざであるといえます。

スポンサードリンク

「鼻毛を抜く」の使い方

「鼻毛を抜く」の使い方の例として、以下のような文が挙げられます。

  1. 同期の鼻毛を抜くつもりで、隠れて営業に精を出す。
  2. 口では「俺は知らない」と言っていたのに、実はあいつが全ての首謀者だった。まさに鼻毛を抜かれた気分だ。
  3. 彼女は、男の鼻毛を抜くのが上手だし、それを楽しんでいる。
  4. たかが可愛いだけの女性に鼻毛を抜かれるほど、僕は軽い男じゃない。彼女は、内面もとても魅力的なんだ。

➀と➁の例文では、「だます、出し抜く」という意味で「鼻毛を抜く」を使っています。

一方、➂と➃の例文では、「女性が男性を惑わす」と言う意味で「鼻毛を抜く」を使っています。

「鼻毛を抜く」の類義語

「鼻毛を抜く」には以下のような類義語があります。

  • 鼻を明かす:出し抜いて驚かせること
  • 一泡ふかせる:相手の予想外のことをして、驚かせること
スポンサードリンク

「鼻毛を抜く」の英語訳

「鼻毛を抜く」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • outfox
    (出し抜く)
  • outsmart
    (出し抜く)
  • treat
    (あしらう)

一方、「鼻毛を抜く」を英語に直訳すると、次のような表現になります。

  • Pluck nose hairs.
  • Take out nose hairs.
  • Pull hairs out of one’s nostrils.

“nostrils” は「鼻の穴」という意味です。

まとめ

以上、この記事では「鼻毛を抜く」について解説しました。

意味 相手をだまし、出し抜くこと
類義語 鼻を明かす、一泡ふかせるなど
英語訳 outfox(出し抜く),outsmart(出し抜く),treat(あしらう)

「鼻毛を抜く」と聞くと、どうしても「鼻の穴から毛を抜き取ること」をイメージする人が多いでしょう。しかし、実はことわざの1つでもあるんです。

意味は「出し抜くこと」「あしらうこと」と非常に広く、使い勝手が良いです。ぜひ日常生活の中で使ってみてください。

スポンサードリンク