バンドでおなじみ!「ギター」と「ベース」の違い

違いのギモン

世界にはさまざまな楽器がありますが、その中でもバンドでよく使われるのは「ギター」や「ベース」などですよね。

これらの楽器の演奏はかっこいいので、それにあこがれてバンドを始める人も多いと思います。

ところで、「ギター」と「ベース」は形が似ていますよね。音楽活動をしている人なら区別できるかもしれませんが、そうではない人の中には違いが良くわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は「ギター」と「ベース」の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:いろいろ違う

「ギター」は基本的には弦が6本で、ベースに比べて音が高めであるという特徴があります。

一方、「ベース」は基本的には弦が4本で、ギターに比べて音が低めであるという特徴があります。

「ギター」をもっと詳しく

ギターの弦は基本的に6本で、ベースに比べて音が高めであるという特徴があります。

ただ、ギターの中には弦が7本あったり、8本あったり、9本あったりする多弦ギターもあります。

そして、音が高い理由は、弦がベースと比べて細めだからです。ちなみに、弦が細いので、ギターには指が細い人が弾きやすいという特徴があります。

ちなみに、ギターは指でも弾けますが、ピックという道具を使って弾くことが多いでしょう。

↑ギターのピック

また、バンドでは観客から見て右側に立っていることが多いでしょう。

そして、サイズが比較的小さくて軽いため、女性にも弾きやすいです。しかも、本体も弦も比較的安めであるため手も出しやすく、ギターを弾ける人はたいていベースも弾けるという利点があります。

ただ、ギターは複数の弦を同時に扱う楽器であるため、ある程度弾けるようになるまでは難しいでしょう。ギターを始めてみたものの、なかなか一曲を間違えずに弾くのが難しく、やめてしまったという人が多いのも事実です。

しかし、その分、一曲が弾けるようになった時の喜びは大きいです。

ここからは、ギターの役割と種類について見ていきましょう。

ギターの役割

ギターには多種多様な役割があり、幅広く使うことができるので深く追求することができ、飽きにくいでしょう。そして、大人数で使うことも、一人で使うこともできます。

主なギターの役割は以下の通りです。

伴奏

ギターはコードを押さえて弦を打ち鳴らすことで伴奏という役割を担っていることがあります。そして、必ずしもギターがやる必要はありませんが、伴奏はどんなバンドでも必要な役割です。

バンドでは、歌いながらギターで伴奏を弾く人も多くいます。

リード

リードとは、伴奏とは別に装飾的な演奏をする役割のことです。バンドで間奏の時にギターのソロパートがあった場合には、この役割を担う人が弾いています。これは、バンドではヴォーカルの次に目立つという特徴があります。

ソロギター

ソロギターとは、ギターだけで演奏を行う方法です。メロディーも伴奏も一人で弾く必要があります。

そして、ベースにはできないほど演奏に幅をもたせることができます。

ギターの弾き語りで使われることが多い演奏方法です。

ギターの種類

ギターにはアコースティックギターとエレクトリックギターの2種類があります。それぞれについて見ていきましょう。

アコースティックギター

アコースティックギターはギターそのものから音を得るタイプのギターです。略してアコギと呼ばれることもあります。

弾き語りの時などに用いられることが多いでしょう。

エレクトリックギター

エレクトリックギターは、ギターからの弦の振動をピックアップと呼ばれるマイクで音の信号に変え、アンプという機械で音を増幅させるタイプのギターです。

略してエレキギターと呼ばれる場合もあります。

バンドで使われることが多いでしょう。

スポンサードリンク

「ベース」をもっと詳しく

ベースの弦は基本的には4本で、ギターに比べて音が低めであるという特徴があります。ちなみに、エレクトリックベースと呼ばれることもあります。 

ただ、中には弦が5本や6本ある多弦ベースもあります。このうち5弦のベースは使っている人がそこそこいます。

そして、音についてはギターより1~2オクターブほど低いことが多いでしょう。

また、バンドでは観客から見て左側にいることが多いです。

 

そんなベースは基本的にバンドを低音で支えるという役割になります。

ベースは1人でもできますが、ほぼバンドで活動するのが前提となります。

ちなみに、ベースは指で演奏することも、ピックで演奏することもありますが、指で演奏することが比較的多いでしょう。

 

そして、ベースはベースラインという独特なリズムを刻みます。

また、弦が長く、全体としてもギターより大きめです。そのため、体が小さい人は演奏するのが少し難しいでしょう。

その上、弦も本体もギターに比べて高めです。

 

ところで、ベースはギターと比べて演奏が簡単です。これは、弦の数が少なく、ベースとなる音は単純なことも多いからです。

しかし、テクニックしだいで演奏に幅を持たせることもできますし、複雑な演奏をすることもできます。

また、一曲弾けるようになるまでは速いですが、そこから個性を出していったり、正確に演奏できるようになるまでには長い時間がかかります。

いわば、0→1になるのは簡単ですが、1→2になるまでが難しいのです。

 

そんなベースをやるメリットとしてはまず、ベースをやる人が少ないので、バンドに誘われやすいというものがあります。

また、ドラムとの息が合うことが大切で、高いリズム感も必要になってくるため、だんだんリズム感が養われていきます。

そして、上手なバンドほどベースの音を聞いて演奏するため、ベースの役割はとても大切です。

まとめ

以上、この記事では、「ギター」と「ベース」の違いについて解説しました。

  • ギター:基本的には弦が6本で、ベースに比べて音が高め
  • ベース:基本的には弦が4本で、ギターに比べて音が低め

この記事を読んで、ギターとベースのそれぞれのいい点についてわかっていただけたら幸いです。

スポンサードリンク