正しく使おう「遺恨」と「禍根」の違い

違いのギモン

日本語には、似たような意味を持っていたり、読み方が似ていたりする言葉が沢山あります。知らないうちに、間違った意味で使っていることもあるかもしれません。しかし、自分で間違いに気付くことは難しいですよね。

今回は、そんな間違えやすい言葉の 1 つである「遺恨」「禍根」について、違いと意味を解説していきます。

結論:「遺恨」は晴らす、「禍根」は断つ

漢字や読み方が似ている「遺恨」と「禍根」ですが、全く違う意味を持っています。

「遺恨」は、深い恨みや後悔が残っていることです。

「禍根」は、わざわいに繋がる原因のことです。

それぞれ意味が違うため、使い方も異なっています。「遺恨」は晴らすもの、「禍根」は断つものです。

「遺恨」とは


「遺恨」とは、デジタル大辞泉には「忘れがたい深い恨(うら)み。また、残念に思うこと」と書かれています。

「遺」という字は「残る、置き忘れる」という意味を持っています。「遺産」「遺言(ゆいごん)」というように使われています。「遺産」は「財産を残すこと」、「遺言」は「言葉を残すこと」です。

「遺」は、「残」という漢字よりも、簡単には取りに戻れないというニュアンスが強く伝わります。

 

また、「恨」は「うらみ」のことです。

つまり、「遺恨」とは「後悔や恨みが忘れられず、後に残る」ことです。

「遺根」ではなく、「遺恨」なので注意しましょう。

用例

「遺恨」という言葉は、このような場面で使われます。

  • 一年前の遺恨を晴らす機会を得た
  • あの事件のことを、ずっと遺恨に思っている

「禍根」とは


「禍根」とは、デジタル大辞泉には「わざわいの起こる元や原因」と書かれています。

「禍」は「わざわい」と読む漢字で、人に不幸をもたらす出来事のことを表しています。

つまり「禍根」とは、「不幸の根っこ(原因)になることがら」のことです。何かが起こった後に、回収しきれず残ってしまった問題のことを指します。何もしていないのに、突然発生したわざわいの原因は、禍根とは言いません。

また、「恨」ではなく「根」です。間違えないように気を付けましょう。

用例

「禍根」は文中では以下のように使われます。

  • 先日のケンカが、二人の間に禍根を残してしまう
  • 後のことを考えて、ここで禍根を断つ

まとめ

以上、この記事では「遺恨」と「禍根」の違いについて解説しました。

  • 遺恨:恨みや後悔が残っていること。
  • 禍根:わざわいの原因になる物事。

「恨」と「根」を間違えてしまうことも多いと思います。しかし、言葉の意味がわかっていれば、どちらを使うのかすぐに判断できますよね。

しっかり使い分けていきましょう。