説明できる?「視線」と「目線」の違いをわかりやすく解説!

違いのギモン

「視線」と「目線」、普段何気なく使い分けている熟語ではないでしょうか?

この二つの熟語は意味が明確に違いますが、その違いを説明できる人は少ないでしょう。

本記事では、「視線」と「目線」の違いを、わかりやすく例を挙げて解説していきます。

結論:「視線」は目で見ている方向、「目線」はものを見る立場

「視線」は、目で見ている方向、または他人を、もしくは他人が見る目付きを表します。一方、「目線」は、ものを見る立場、または目の向きを表します。

「視線」をもっと詳しく


「視線」とは、見ている方向、他人を、もしくは他人が見る目付きを表します。

「見ている方向」の意味であれば、「視線が合う」「視線をそらす」などの表現で使われます。

「他人を、もしくは他人が見る目付き」の意味であれば「世間の視線」「哀れみの視線」などの表現で使われます。

どちらの意味で使われるかは文脈によります。以下の例文で意味を確認しましょう。

「視線」の使い方の例

「視線」を使用した例文を以下に示します。

  1. 気になるあの子と何回も視線が合ってしまい、ドキドキした。
  2. 哀れみの視線を向けられるため、半年入院していたことはあまり人に話さない。
  3. 悪そうな少年と目が合ってしまったため、あわてて視線をそらした。
①の「視線が合う」は「お互いに見つめる」という意味で使われています。

②は「他人が自分を見る目付き」という意味で「視線」が使われています。

③の「視線をそらす」は「目を背ける、目の向きを変える」という意味で使われています。

「目線」をもっと詳しく


「目線」は、ものを見る立場、または目の向きを表します。

それぞれの意味について解説していきます。

意味①:「ものを見る立場」

「ものを見る立場」の意味は、「視点」「観点」などと言いかえられます。

「消費者の目線」や「上から目線」のように、「その立場での思考、考え方」を意味します。

意味②:「目の向き」

「目の向き」は映画・演劇・テレビ・ファッションなどの業界で使われていた意味です。

例えば、カメラマンが「目線ください」と言えば「目の向きを自分のカメラに合わせてください」という意味になります。

つまり、「視線」とは何かを見ることが目的であるのに対して、「目線」は写真写りが目的であるという違いがあります。

もともとは「目の向き」の意味でのみ使われていましたが、最近になって「ものを見る立場」としての意味でも使用されるようになりました。

俗語としては「視線」と同じ意味で使われることもある

「目線」は俗語としては「視線」と同じ意味で使用されることがあります。つまり「視線が合う」を「目線が合う」と言い換えても問題はありません。

「目線」の使い方の例

「目線」を使用した例文を以下に示します。

  1. 彼は先輩と話すときでさえも上から目線だが、誰よりも優秀で努力しているため文句を言えない。
  2. 昭和の女優として名高い彼女は、演技中の目線の使い方が際立っていた。
  3. 商品開発では、消費者の目線に立つことがなによりも重要である。
  4. 先生と目線が合ったため、指名されてしまった。

①の「上から目線」は、「上の立場からの視点」という意味で皮肉として用いられます。

②の「目線」は「目の向き」を表しています。

③は「消費者の目線に立つ」で「消費者としての視点を持って考えること」を指しています。

④の「目線が合う」は「視線が合う」と同じ意味で、「お互いに見つめる」ということを表します。

まとめ

以上、この記事では、「視点」と「目線」の違いについて解説しました。

  • 視線:目で見ている方向、または他人を、もしくは他人が見る目付き
  • 目線:ものを見る立場、または目の向き
俗語として、「目線」は「視線」の意味を含みます。しかし、「目線」は業界用語として使われ始めたため、それぞれの由来が異なります。

「視線」と「目線」のニュアンスの違いをつかんで、最適な言葉を選べるようになりましょう。