四字熟語「眼横鼻直(がんのうびちょく)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「眼横鼻直(がんのうびちょく)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「眼横鼻直」の意味をスッキリ理解!

眼横鼻直(がんのうびちょく):当たり前のことを、ありのまま受け入れること

「眼横鼻直」の意味を詳しく

眼横鼻直は、仏教から生まれた言葉です。

仏教では、眼と鼻の有り様を「眼は横に、鼻は真っ直ぐ(まっすぐ)についている」と表現します。これは、当たり前のことです。

このことから、眼横鼻直は「当たり前のことを、ありのまま受け入れる」という意味をもちます。

スポンサードリンク

「眼横鼻直」の使い方

  1. 何事も冷静に、眼横鼻直の精神をもつことが大切だ。
  2. 眼横鼻直な考えだけでは、斬新な発想は出てこない。
眼横鼻直は、前向きな意味でも、後ろ向きな意味でも使うことができます。

①では、前向きな意味で使われています。

「当たり前のことを、ありのまま受け入れる」ことで、悩むことがなくなったり、怒りを鎮め(しずめ)たりすることができます。「当たり前のことを忘れないように」という心構えから、眼横鼻直を座右の銘にする人もいます。

 

②では、後ろ向きな意味で使われています。

たとえば、ニュートンはりんごが木から落ちるところを見て、不思議だと感じました。それが結果として、万有引力の発見につながったとされています。当たり前だと思っていることでも、疑ったり、視点を変えたりすることで、新しい発見が生まれることもあるのです。

以上のような話では、眼横鼻直の「物事の当たり前のことを、ありのまま受け入れる」という意味は後ろ向きに使われますよね。

文脈などから、どちらの意味で使われているのか判断しましょう。

「眼横鼻直」の由来

出典は、鎌倉時代の仏書『永平広録(えいへいこうろく)』とされています。

鎌倉時代の初め、道元(どうげん)という禅僧がいました。彼は、中国で四年間の修行をしました。

道元が帰国すると、人々は「中国から何を持ち帰ったか」と尋ねました。しかし、道元は、「眼は横に、鼻は縦に真っ直ぐについているということを学んできました。それ以外に得たものは何もありません」と語ったとされます。

「眼は横に、鼻は縦に真っ直ぐについている」というのは、子どもでも分かる当たり前のことです。道元の答えに、人々は呆れてしまいます。

 

しかし、道元は、「当たり前のことをありのまま受け入れることは当然のことである」と表現したのです。このことから、眼横鼻直とは、「当たり前のことを、ありのまま受け入れる」という意味をもつのです。

スポンサードリンク

「眼横鼻直」の類義語

眼横鼻直には以下のような類義語があります。

  • 如実知見(にょじつちけん):現実をありのままに見抜くこと

如実知見は、眼横鼻直と同じく仏教用語です。

「如実知見」の「如実」とは、「現実のままであること」を意味します。また、「知見」とは、文字通り「見て知ること」を意味します。

つまり、如実知見とは「現実を正しく見て知る」という意味なのです。

まとめ

以上、この記事では「眼横鼻直」について解説しました。

読み方眼横鼻直(がんのうびちょく)
意味当たり前のことを、ありのまま受け入れること
由来『永平広録』
類義語如実知見など

眼横鼻直は、文字を見ただけでは意味が分かりにくい四字熟語です。しかし、由来を理解すると意味も覚えやすいでしょう。

ぜひ、眼横鼻直という語を使いこなせるといいですね。

スポンサードリンク