「ガジェット」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ガジェット」です。

「ガジェット」の意味・使い方・類義語・実例についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ガジェット」とは?

ガジェット(gadget):仕組みや装置

「ガジェット」の意味を詳しく

「ガジェット」は、道具や装置、仕掛けといった人の手で創り上げるようなものを意味しています。しかし、大きく意味を分類すると、あまり使われないものを含めて4つです。

1つ目が、映画や文学作品において、そのシナリオを描く中で必要な小道具や仕掛けです。映画作品や演劇に携わる人でなければあまり使いません。2つ目が、アプリケーションソフトです。

 

アプリケーションソフトにもいろいろな種類がありますが、「ガジェット」は、パソコンのデスクトップの端にあり、天気予報や時刻を通知してくれるアイコンを意味しています。

3つ目が家電製品です。特にデジタルカメラやスマートフォン、ゲーム機など小型でハイテクなアイテムを意味します。4つ目が、爆弾の意味です。

第二次世界大戦中には、原子爆弾が使用されましたが、その爆弾の計画の中で呼ばれていた爆弾の名称です。もちろん、現在その意味で使われることはほぼありません。

スポンサードリンク

「ガジェット」の使い方

  1. 毎日新作のガジェットニュースをチェックする。
  2. 生活を豊かにしてくれるのは、ガジェットである。
  3. デスクトップにガジェットを配置する。

「ガジェット」は、主に小型の電化製品について述べるときに使用します。そのため、よく頻繁に使う場面としては、ネットメディアや雑誌と中心とした比較的カジュアルな場面です。

新作スマートフォンの特集記事などでは、よく見受けられます。しかし、日常会話の中で「そのガジェットを持ってきて」などとした使い方はあまりしません。そこまで浸透はしていないからです。

つまり、「ガジェット」をよく使うのは電化製品が好きな人です。初歩的な専門用語として使われます。

 

①の例文は、メディアに関する例文です。ニュースと合わせて「ガジェット」ニュースという使い方をよくします。また、「新しいガジェット」や「お気に入りのガジェット」といった使い方をメディア内ですることが多いです。

②の例文は、日常生活に関することです。「ガジェット」に多くの人々が熱狂している理由は、使って楽しくなるからです。特にこの楽しさは、生活の変化から来るものが多いです。

今まで苦労して行っていたことが、「ガジェット」によって手間暇かける必要が無くなります。そのことに感動を覚えて、使用するときに楽しくなるわけです。

例文の「生活を豊かにしてくれる」ということは、「ガジェット」によって面倒だった作業や隠れた需要を満たしてくれるという意味です。

 

例えば、ルンバ社のルンバがそれに当たります。ルンバとは、ロボット掃除機のことです。外出中や手が離せないときでも勝手に掃除してくれます。

そのため、無駄な時間や無駄な労力を省くことができます。技術の発達によってこうしたことが可能になっており、それが凝縮されているのが「ガジェット」です。だから、多くの人々が、「ガジェット」に対して好意的なのです。

 

③の例文は、パソコンに関する例文です。上記の①と②の例文では、電化製品という意味で「ガジェット」が使われました。しかし、③は異なっています。ここでは、アプリケーションという意味です。パソコンの入門書や使い方の本を読むと、例文のような文章が出てきます。

「ガジェット」の類義語

「ガジェット」には以下のような類義語があります。

  • ウィジェット :アプリケーションソフト
  • ギーク :ガジェットが好きな人

「ウィジェット」は「ガジェット」に非常に似た意味を持っています。

なぜならば、「ガジェット」が派生して生まれた言葉だからです。「ウィジェット」もパソコンのデスクトップで時刻や天気予報を常に教えてくれるアイコンやアプリケーションという意味です。

どうしてウィジェットという言葉が生まれたかというと、「ガジェット」とパソコンの関係性に答えがあります。

 

「ガジェット」がパソコンのアプリとして使われていたとき、最も普及していたパソコンのOSはWindowsでした。OSとは、パソコンの種類です。

Windowsのパソコンで動作する「ガジェット」からWindows「ガジェット」になり、最終的にそれが短くなってウィジェットと呼ばれるようになりました。そしてそのまま、「ウィジェット」が定着したのです。

「ウィジェット」は、『スマホのホーム画面に「ウィジェット」を配置する』というような使い方がされます。

 

「ガジェット」と「ウィジェット」を混同してしまうのは、カタカナ語だけではなく、英語の世界でも共通しています。

「ガジェット」と合わせてよく使われるのが、「ギーク」という言葉です。「ガジェット」はアイテムそのものを指しますが、「ギーク」はその「ガジェット」が好きな人や携わる人を意味しています。

英語の “geek” が語源になっています。元々あまり良い意味で使用されることはありませんでした。しかしインターネットがメジャーになりつつあった2000年頃から、人を貶す意味が薄れていきました。

その代わりに、インターネットの知識や技術の獲得に力を入れている人たちを表す言葉になったのです。特にテクノロジー分野で圧倒的な知識や技術を持っている人を「ギーク」と呼びます。

スポンサードリンク

「ガジェット」の実例

ガジェットの実例としては、様々なものがあります。一昔前は、便利で身の回りを豊かにしてくれるものといえばスマートフォンでした。

スマートフォンは、手のひらサイズで小型でありながら、パソコンと同じようなことができます。インターネットサーフィンはもちろんですが、文書を書いたり、スライドを作ったりすることをスマートフォン1台でこなせます。

そのため、スマートフォンは画期的なデバイスだと思われていました。しかしながら時代の進歩に伴って、「ガジェット」と呼ばれるものも増えていきました。それが、スマートウォッチやスマートホームなどです。

 

「ガジェット」で、有名なのはアップルです。アップルは、コンピュータを作っていた会社ですがスマートフォンを最初に創り出しました。そのスマートフォンがiPhoneです。

それがきっかけで、様々な「ガジェット」を手掛けることになります。iPadやApple Watchなどです。様々な「ガジェット」を作って私たちの生活に変化をもたらしたのです。

まとめ

以上、この記事では「ガジェット」について解説しました。

英語表記ガジェット(gadget)
意味道具や装置
類義語ウィジェット、ギークなど
実例iPhoneなど

「ガジェット」は、生活に必要な物になりつつあります。機械やコンピュータが好きな人だけが、スマートフォンを手にしていた時代は終了して、多くの人々がスマートフォンをはじめとする「ガジェット」を手にしています。

私たちの生活が「ガジェット」と共に変わろうとしているのです。ぜひこの記事を参考に「ガジェット」の意味や使い方を覚えて、「ガジェット」について知るとよいでしょう。

スポンサードリンク