四字熟語「風林火山(ふうりんかざん)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する四字熟語は、「風林火山(ふうりんかざん)」です。

みなさんは日常会話の中で使われることもある「風林火山」という四字熟語をご存知でしょうか。

この記事では、「風林火山」の意味に加えて、その由来や使い方について解説します。

スポンサードリンク

「風林火山」の意味をスッキリ解説

「風林火山」とは、戦いにおける4つの心構えを説いた言葉のことです。

その4つの心構えとは「風のように素早く動いて、林のように静かに止まり、火のように激しく攻撃して、山のように落ち着いて構えること」です。

「風林火山」についてもっと詳しく


「風林火山」とは、戦いにおける4つの心構えを説いた言葉です。

その4つとは、「のように素早く動き」「のように静かに構え」「のように激しく攻撃し」「のようにどっしりと構えよ」というものです。

本来は、戦いにおける4つの心構えでしたが、そこから転じて、物事への対処の仕方にも当てはめられるようになりました。

また、「時期や状況に応じた動きをするべきだ」といった意味にも解釈されます。

スポンサードリンク

「風林火山」の由来

「風林火山」とは、戦国大名・武田信玄(たけだしんげん)の旗に記されていた文章に由来を持ちます。

武田信玄とは、戦国時代に活躍した、甲斐(今でいう山梨県あたり)の戦国大名です。越後(今でいう北陸あたり)を支配していた上杉謙信(うえすぎけんしん)のライバルとしても知られています。

その旗に記されていた4つの節から、それぞれ1字ずつ取り出して、出来上がったものが「風林火山」という言葉です。

 

元々記されていたものは、「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」という言葉です。

これは漢文(昔の中国の文章)であるため、漢字かな交じり文に書き換えると、「疾き(はやき)こと風の如く(ごとく)、徐か(しずか)なること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し」という文章になります。

 

これを現在語訳すると、上記のような、4つの心構えになるということです。

また、「風林火山」という言葉は、後世の人々が、この一連の文章をまとめて名付けたもので、当時から「風林火山」と呼ばれていたわけではありません。

 

そして、この文章は武田信玄が考えたものではなく、中国春秋時代(ちゅうごくしゅんじゅうじだい)の軍事思想家である孫武(そんぶ)が記した戦術書『孫子(そんし)』から引用し、改変したものです。

つまり、本来の文章と武田信玄の旗に記されていた文章とは、若干の違いがあります。

『孫子』には「故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、難知如陰、不動如山、動如雷霆」と記されています。

これを先ほどと同様に書き換えると「疾き(はやき)こと風の如く(ごとく)、徐か(しずか)なること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、知り難き(しりがたき)こと陰の如く、動かざること山の如く、動くこと雷霆(らいてい)の如く」となります。

 

武田信玄の旗に記されていた文章と大きく異なるところは「知り難きこと陰の如く」と「動くこと雷霆の如く」の2つです。

これらはそれぞれ、「陰(かげ)のように動きが知られないようするべきだ」「雷のように激しく動くべきだ」という意味を持ちます。

「風林火山」の使い方

  1. 私の座右の銘(ざゆうのめい)は「風林火山」だ。
  2. 君は武田信玄の言った「風林火山」のように、もっと状況に合わせて行動するべきだ。
スポンサードリンク

「風林火山」の中国語訳

「風林火山」を中国語に訳すと、次のような表現になります。

风林火山
fēng lín huǒshān

(風のように素早く動いて、林のように静かに止まり、火のように激しく攻撃して、山のように落ち着いて構えること)
中国語では、従来の漢字を簡略化した「簡体字(かんたいじ)」というものが使われています。「風」は簡体字に直すと「风」になるのです。

まとめ

以上、この記事では「風林火山」の意味や由来や使い方について解説しました。

読み方 ふうりんかざん
意味 風のように素早く動いて、林のように静かに止まり、火のように激しく攻撃して、山のように落ち着いて構えること
由来 武田信玄の旗に書かれていた文章

「風林火山」は元々は武田信玄の旗に書かれていた戦いの4つの心構えでしたが、今ではビジネス本などでも多く紹介されています。

みなさんも、実生活の中で参考してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク