「憤怒(ふんど・ふんぬ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「憤怒(ふんど・ふんぬ)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「憤怒」の意味をスッキリ理解!

憤怒(ふんど・ふんぬ):激しく怒り、興奮している様子

「憤怒」の意味を詳しく

「憤怒」は、激しく怒り、興奮している様子という意味です。

 

「憤怒」は「ふんど」「ふんぬ」の2通りの読み方が存在します。

一般的に、「ふんど」と読まれることが多いです。

「ふんぬ」と読む場合は、宗教的な意味合いが強いとされています。

キリスト教においては「七つの大罪」の一つとして紹介されており、人間の最もネガティブな感情と捉えられています。仏教では、人間を地獄へ追いやると考えられています。

 

なぜこのように2通りの読み方が生じたのかは、「漢音」と「呉音」の違いに由来するとされています。「呉音」は仏教用語の読み方が定着したものであり、「ふんぬ」は「呉音」の読み方です。そのため、「ふんぬ」と読む場合には、宗教的意味合いが含まれているとされます。

「憤怒」の使い方

  1. 彼は親友に裏切られ、憤怒の形相だ。
  2. 交通事故による悲しみは、憤怒となって爆発した。
  3. 犯罪のニュースを見ると、憤怒で身が震える。

「憤怒」は、「憤怒の形相」や「憤怒の念」などのように、人の表情や心情を表す言葉として用いられます。「腹を立てる」や「怒る」よりもさらに強い怒りを表します。

やや堅苦しい表現であるため、会話中ではなく、文中で用いられることが一般的です。

また「憤怒」は名詞のため、「憤怒する」などと動詞として使われることは少ないです。形容詞として用いられることはよくあります。

「憤怒」の語源

「憤怒」の漢字の語源は、それぞれ以下の通りです。

  • :おこる、いきどおる、吹き出る、現れる
  • :おこる、いきどおる、勢い盛んな様子

「憤」「怒」ともに怒りを意味する漢字です。

そのため、「憤怒」は並々ならぬ怒りを表現する際に用います。

「憤怒」の類義語

「憤怒」には以下のような類義語があります。

  • 憤慨:ひどく腹を立てること
  • 憤然:急に激しく怒るさま
  • 激怒:激しく怒ること、ひどい立腹
  • 憤激:怒りを爆発させること

「憤慨」は「憤慨する」のように動詞として用いることができます。目上の人がひどく怒っている様子を「憤慨されている」と表すこともできます。

「憤然」は「憤然と」のように形容詞や副詞として用いられます。「憤怒」より堅い表現ではないので、一般的に使うことができます。

「憤怒」の対義語

「憤怒」には以下のような対義語があります。

  • 寛容:心が寛大で、人を受け入れること
  • 堪忍(かんにん):怒りを忍んで、とがめ立てしないこと
  • 平静:心が苛立ったり、慌てたりしていないこと

興奮することなく、受け入れるという意味の熟語が「憤怒」の対義語として挙げられます。

「憤怒」の英語訳

「憤怒」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • angry
    (腹を立てること)
  • rage
    (抑えがたい激情)
  • fury
    (狂ったような怒り)

“angry”は「腹を立てる」の意味であり、「憤怒」よりも怒りの度合いは低いので注意しましょう。

“fury”が「憤怒」に最も近い意味で、怒りが最高潮まで達している様子を表します。

以下が例文です。

例文
“He was blind with fury.”
(彼は怒りのあまり、周りが見えていなかった。)

まとめ

以上、この記事では「憤怒」について解説しました。

読み方憤怒(ふんど・ふんぬ)
意味激しく怒り、興奮している様子
語源「怒る」「いきどおる」という意味の漢字から
類義語憤慨、憤然、激怒など
対義語寛容、堪忍、平静など
英語訳angry, rage, fury

「憤怒」は読み方が2つあることや、文中で用いられるのが一般的であることから、難しい熟語の印象があるかと思います。ぜひこの機会に正しい使い方を覚えましょう。