「敷衍(ふえん)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「敷衍(ふえん)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「敷衍」の意味をスッキリ理解!

敷衍(ふえん)意味や趣旨などをおし広げ、わかりやすく説明すること

「敷衍」の意味を詳しく

「敷衍(ふえん)」とは、「意味や趣旨などを押し広げ、わかりやすく説明すること」です。要するに、「意味の分かりにくい部分を詳しく、わかりやすく説明すること」という意味になります。

難しくわかりにくい説明を具体例を用いて、詳しくわかりやすく説明することは、「敷衍」といえます。

「敷衍」は、「押し広げる」という概念を持つ熟語です。具体性や多様性を持たせた説明をすることが「敷衍である」といえます。ただ単に、具体例を挙げるだけですと、「例示」という意味合いになるので注意してください。

スポンサードリンク

「敷衍」の使い方

  1. 専門用語が多く、難しい話なので、もう少し敷衍すべきだ。
  2. 日本の年金制度を敷衍し、スライドで発表する。
  3. 食品ロスの問題を、世界全体に敷衍し議論する。

上記の例文のように、「敷衍」は、抽象的で難しい話を具体的に説明するときに使います。逆に、具体的なことを抽象的に話わかりやすくすることも「敷衍である」といえます。また、あるテーマについて広げて展開することにも使われます。

「敷衍」の語源

敷衍は、「敷」と「衍」という漢字から成り立っている熟語です。それぞれの語源について説明します。

「敷」は、「平らに広げる」という意味です。「衍」は、「行」と「氵」で構成されています。「行」は、「道が交差する場所に、人々の足が行きかうこと」を意味します。「氵」は、「水」を意味します。「行(いきかう)+氵(水)」で、「水が広く広がっていくこと」を表した漢字です。

このことから、「敷衍」とは、「さまざまな問題を水のように広げること」が本来の意味です。

スポンサードリンク

「敷衍」の類義語

敷衍には以下のような類義語があります。

  • 拡大(かくだい):押し広げること
  • 拡張(かくちょう):広げて大きくすること
  • 展開(てんかい):繰り広げること。発展すること
  • 詳述(しょうじゅつ):詳しく説明すること
  • 肉付け(にくづけ):骨組みのできているものを更に加え、内容を豊かにすること

これらすべては、「説明もしくは、考えにおいて詳細を加える」という意味を持っています。

「敷衍」の英語訳

敷衍を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • expatiate
    (詳細を説く)
  • enlarge
    (大きくする)
  • detail
    (詳細、細部)
例文

・She expatiated on food loss.
(彼女は食品ロスについて詳細に話した)
・I hope that he enlarge on this point.
(彼に、この点について詳しくお話してほしい)
It is easy for me to explain in detail in Chinese.
(私にとって中国語で詳しく説明するのは簡単だ)

英語では、「詳しく述べる」というニュアンスで表現できます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「敷衍」について解説しました。

読み方 敷衍(ふえん)
意味 意味や趣旨などをおし広げ、わかりやすく説明すること
語源 さまざまな問題を水のように広げること
類義語 拡大、拡張、転回、詳述、肉付けなど
英語訳 expatiate(詳細を説く)、enlarge(大きくする)、detail(詳細)

「衍」という字はなかなか見かけることがないですが、「敷」と同じように、何かを広げていく様子を表す漢字であると覚えておけばよいでしょう。ビジネスや政治の場面など、複雑なことを相手にわかりやすく伝えることが要求される場面において、よく使われます。ぜひ、使いこなせるようにしておきましょう。

スポンサードリンク