「フラジャイル」とは?意味や使い方をわかりやすく解説!

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「フラジャイル」です。

「フラジャイル」の意味、固有名詞としての意味、使い方、語源、類義語、対義語についてわかりやすく解説します。

「フラジャイル」の意味をスッキリ理解!

フラジャイル(fragile):壊れやすいさま・脆い(もろい)さま

「フラジャイル」の意味を詳しく

「フラジャイル」とは、壊れやすいさま・脆いさまのことです。

物体から形のない物まで、さまざまな対象が「壊れやすいこと」を意味します。例えば、ガラス製のコップや、人間の精神など、幅広いものを形容できるのです。

また、海外では、宅急便の箱に書かれて「割れ物注意」の意味を表すこともあります。

固有名詞としての「フラジャイル」の意味

「フラジャイル」は、商品や楽曲の名前などに、固有名詞として使われることがあります。

  • 香水
  • 楽曲
  • ドラマ

香水の名前の「フラジャイル」

「フラジャイル」は、香水の名前として使われています。

「ジャン=ポール・ゴルチエ」という海外のコスメティックブランドが、1999年に発売した香水です。

スノードームのような容器のデザインと、甘い香りが特徴の有名な香水でしたが、現在では、廃版になっています

楽曲の名前の「フラジャイル」

音楽ユニット・Every Little Thingの人気な楽曲のひとつに、「fragile(フラジャイル)」があります。

相手を思いあう恋人の歌で、「相手を傷つけてしまう」という歌詞の内容から「fragile(フラジャイル)」というタイトルが付けられたと考えられます。

ドラマの名前の「フラジャイル」

2016年にフジテレビで放送されたドラマに、「フラジャイル」があります。

このドラマは、『月間アフタヌーン』で連載されていた『フラジャイル 病理医岸京一郎の所見』というタイトルの漫画が、原作になっています。

ドラマ化する際に、名前が簡略化されて「フラジャイル」になっています。

変わり者の医師である岸京一郎が、周りの人間と衝突しながらも、患者の命を救っていくという内容です。

 

作品の中で、「フラジャイル」という名前のキャラクターや設定が登場するわけではありません。また、何が「フラジャイル」に当たるのかをはっきりと描写されているわけでもありません。

「命」や「肉体」が「はかないものである」という意味で「フラジャイル」というタイトルが付けられたとも考えられます。

「フラジャイル」の使い方

「フラジャイル」には以下のような使い方があります。

  1. フラジャイルな愛だからこそ、愛しいのだ。
  2. 私たちは、フラジャイルな命を大切にしなければならない。

➊と➋の「フラジャイル」は、「はかない」という意味で使われています。

「フラジャイル」の語源

「フラジャイル」の語源は英語の “fragile” です。

英語の “fragile” には、以下のような意味があります。

  • 壊れやすい
  • 脆い
  • 虚弱(きょじゃく)な:力や勢いが弱いこと。特に、からだが弱いこと
  • かよわい
  • はかない:束の間であっけないさま。むなしく消えていくさま

カタカナ語の「フラジャイル」と同じく、「壊れやすいようす」を表す形容詞です。

カタカナ語の「フラジャイル」は、 “fragile” の英語発音が語源になっています。フランス語では「フラジャイル」ではなく「フラジール」と発音されます。

「フラジャイル」の類義語

「フラジャイル」には以下のような類義語があります。

  • フラジール:壊れやすいさま

「フラジャイル」の対義語

「フラジャイル」には以下のような対義語があります。

  • アンチフラジャイル:強靭(きょうじん)なさま・壊れにくいさま

「アンチフラジャイル」とは、作家のナシーム・ニコラス・タレブが作った造語です。

後に続く単語を否定する意味のある “anti” (アンチ)と “fragile” 「フラジャイル」が組み合わさっています。

まとめ

以上、この記事では「フラジャイル」について解説しました。

英語表記フラジャイル(fragile)
意味壊れやすいさま・脆いさま
語源「壊れやすい」という意味の英単語 “fragile”
類義語フラジール
対義語アンチフラジャイル

「フラジャイル」は、商品や漫画の名前としても、耳にする機会がある言葉です。この機会にしっかりと理解しておきましょう。

ABOUT US

LEON
LEON
年間100冊読む本の虫。InstagramよりTwitter派。 大学でも、精神分析を学びながら文章の書き方を日々勉強しています。 「言葉」と「心理学用語」の執筆が得意です。