「フォローアップ」とは?意味と使い方を例文つきで詳しく解説

マネタイズ 画像 言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「フォローアップ」です。
「フォローアップ」の意味、「フォローアップ」が付く言葉、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「フォローアップ」の意味をスッキリ理解!

フォローアップ(follow-up):一度行なったことを繰り返すこと・追跡調査・球技で味方の攻撃を補助すること

「フォローアップ」の意味を詳しく

「フォローアップ」とは、一度行なったことを繰り返すこと・追跡調査・球技で味方の攻撃を補助することです。

3つの意味があるので、それぞれを詳しく解説します。

「一度行なったことをもう一度行うこと」という意味

「フォローアップ」とは、一度行なったことを強化したり効果を認識したりするためにもう一度行うことです。

たとえば、新人教育において、一度教えて終わりではなく、その後もう一度同じことを教えるのです。

この行為によって、教育の効果を強めることもできますし、教育の効果があるかどうかを確認できます。

「追跡調査」の意味

「フォローアップ」には「追跡調査」の意味もあります。

「追跡調査」とは、事物の経過の様子を継続的に調査することです。新しい取り組みなどが行われたときに、その効果や進展を定期的に何度も確認します。

具体的には、複数回にわたってアンケートを取ったりして調査を行います。

「球技で味方の攻撃を補助すること」の意味

「フォローアップ」は、「球技において味方の攻撃を補助すること」です。

ボールを持っている選手の攻撃を、ボールを持っていない味方が補助することを指します。

「フォローアップ」が付く言葉

「フォローアップ」が付く言葉には以下の3つがあります。

  • フォローアップ研修
  • フォローアップメール
  • フォローアップ外来

それぞれの意味を詳しく見ていきましょう。

「フォローアップ研修」の意味

「フォローアップ研修」とは、企業などで研修終了後、一定期間が経過した後に再度受講者が集められて開催される研修のことです。

最初に行われた研修を振り返ったり、今後の課題についてディスカッションを行ったりします。

「フォローアップメール」の意味

「フォローアップメール」とは、商品を購入した顧客に対して、企業が送信するメールのことです。

購入した商品についての関連情報をお知らせしたり、商品に問題や不具合がないかなどを問い合わせて顧客のフォローを行います。

この行為によって、顧客の信頼を強く獲得できます。

「フォローアップ外来」の意味

「フォローアップ外来」とは、治療や検査を受けた患者のその後の様子を観察するために行われる外来検診のことです。

たとえば、人間ドックを受けた患者に対するフォローアップ外来があります。人間ドックの結果を文書で受け取った後に、問題がある箇所についての詳しい内容を聞くために面接を行ったりします。

「フォローアップ」の使い方

「フォローアップ」には以下のような使い方があります。

  1. 企業のフォローアップが必要になる。
  2. フォローアップメールを一人一人に送信する。

「フォローアップ」の語源

「フォローアップ」の語源は英語の “follow-up” です。

“follow-up” の意味は以下の3つです。

  • どこまでも追求する
  • 追いうちをかける
  • 厳しく追跡する

「フォローアップ」の類義語

「フォローアップ」には以下のような類義語があります。

  • 補填
  • 追跡調査

まとめ

以上、この記事では「フォローアップ」について解説しました。

英語表記フォローアップ(follow-up)
意味一度行なったことを繰り返すこと・追跡調査・球技で味方
の攻撃を補助すること
「フォローアップ」が付く言葉フォローアップ研修
フォローアップメール
フォローアップ外来
語源「追跡する」という意味の英単語 “follow-up”
類義語補填、追跡調査

「フォローアップ」が付く言葉は複数あるので、それぞれの意味まで理解しておきましょう。