「フェミニン」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「フェミニン」です。

「フェミニン」の意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「フェミニン」の意味をスッキリ理解!

フェミニン(feminine):女性らしいこと、女性らしい様子

「フェミニン」の意味を詳しく

「フェミニン」とは、女性らしいこと、女性らしい様子を意味します。

特に、「フェミニン」の女性らしさは、「上品で落ち着いた可愛らしさ」を指します。

服装や雰囲気、性格に対して「フェミニンだ」「フェミニンな」と表現します。

また、上品というニュアンスが強いため、主に成人女性に対して使われる言葉です。しかし、女性らしい男性を「フェミニン」と表現する場合もあります。

ファッションにおける「フェミニン」

ファッションやアパレルでは、専門用語として「フェミニン」が使われます。

専門用語としての「フェミニン」は、「レースやフリル、リボンを使いつつも、大人っぽい上品な可愛さでまとめたコーディネート」を意味します。

レースやフリル、リボンは子供っぽくなってしまう可能性があるアイテムですが、色や数などを工夫し上品に仕上げられます。このようなファッションを「フェミニン」と表現します。

「フェミニン」の使い方

  1. 髪を巻いたことによって、グッとフェミニンな雰囲気が出たね。
  2. 彼は背が高くたくましい身体つきをしているが、言葉づかいや仕草がフェミニンに感じる。
  3. フェミニンなコーデを目指しているが、どうしても子供っぽくなってしまう。
  4. 女子高出身者は、大人になるとフェミニンさが際立ってくる気がする。

上の例文のように、「フェミニン」は「フェミニンな」「フェミニンさ」という表現で使用されます。

 

①の「フェミニン」は「上品で落ち着いた可愛らしい様子」を指します。例文のように、髪型に対しても用いられます。

②は「女性らしい様子」という意味で「フェミニン」が使われています。「フェミニン」であることに性別は関係ないため、男性に対しても使われます。

③の「フェミニン」はファッション用語として「レースやフリル、リボンを使いつつも、大人っぽい上品な可愛さでまとめたコーディネート」という意味で使用されています。

④の「フェミニン」は「女性らしいこと、女性らしい様子」を指します。「フェミニンさ」という表現ができます。

「フェミニン」の語源

フェミニンの語源はラテン語の “femininity” です。

“femininity”は「女性の」という意味です。

「フェミニン」の類義語

フェミニンには以下のような類義語があります。

  • ガーリー:子供っぽさを残した少女らしいようす
  • セクシー:性的な魅力のあるさま

「ガーリー」の意味を詳しく解説

「ガーリー」は「子供っぽさを残した少女らしいようす」を指します。

「フェミニン」と同じく、女性的な雰囲気を表す言葉です。「フェミニン」は大人らしい上品なニュアンスを持っていますが、「ガーリー」は子供っぽいニュアンスを持っています。

「ガーリー」も「フリルやリボンなどをポップで可愛らしくまとめたコーディネート」という意味でファッション用語として使われます。

「セクシー」の意味を詳しく解説

「セクシー」は「性的な魅力のあるさま」を指します。

「フェミニン」とは、大人らしい雰囲気のニュアンスが共通しています。「フェミニン」は上品な大人らしさであるのに対し、「セクシー」は性的な大人らしさを表します。

まとめ

以上、この記事では「フェミニン」について解説しました。

英語表記フェミニン(feminine)
意味女性らしいこと、女性らしい様子
類義語ガーリー、セクシー

今の世の中は、ジェンダーで人をくくることについて敏感になってきています。

もちろん、「女性だからフェミニンであるべき」といった偏見は持たないようにするべきですが、「フェミニン」が表す「女性らしさ」そのものは長年かけて形成された立派な文化です。

ジェンダーで人をくくることの全てを悪とするのではなく、ジェンダーが育んできた文化を大切にできるといいですね。