「フィージビリティ」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「フィージビリティ」です。

「フィージビリティ」の意味、「フィージビリティスタディ」の意味、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「フィージビリティ」の意味をスッキリ理解!

フィージビリティ(feasibility):実現可能性・実行可能性

「フィージビリティ」の意味を詳しく

「フィージビリティ」とは、実現可能性・実行可能性のことです。

主に、ビジネスの分野で使われる言葉です。ビジネスにおける事業や企画の「実現可能性」「実行可能性」という文脈で使われます。

「事業や企画がどのくらい実施できそうか」という度合を表す言葉です。

「フィージビリティ」を定める項目

ビジネスにおける「実現可能性」とは具体的に以下のような項目から決定されると考えられます。

  • 採算性:その事業や企画をして利益がでるかどうか
  • 法制度:法律的にできないことが含まれていないか
  • 技術動向:実行するために必要な技術を持っているか
  • 期間:想定する時期までに事業や企画を始めることができるか

上記の他にも競合企業の存在や社会情勢など、さまざまな要因によって「実現可能性」が判断されます。

「フィージビリティスタディ」の意味

「フィージビリティスタディ」とは、ビジネスや政治において、ある政策や事業計画の実現可能性(フィージビリティ)がどれほどあるのかを、事前に調査・予測することです。

「フィージビリティスタディ」は、頭文字になるアルファベットをとって、「F/S」「FS」と表記されることが多いです。

単に数値を出して予測するだけではなく、実験的な取り組みによって実現可能性を判断するなどの行為も「フィージビリティスタディ」に含まれます。

 

フィージビリティスタディは、一般的には数週間から数カ月かけて行われます。しかし、規模が大きく期間の長いものでは実証試験を交えながら数年にわたって行うこともあります。

「フィージビリティスタディ」を行うタイミングは、計画を立案してから意思決定を行うまでの間です。

また、「フィージビリティスタディ」によって「実現可能性が低い」と判断された場合でも、そのまま計画が白紙に戻るとは限りません。

実現可能性(フィージビリティ)の低さの要因になっている部分を改善することで、代案や改善案としての計画が実行されることがあります。

「フィージビリティ」の使い方

「フィージビリティ」には以下のような使い方があります。

  1. この計画書では、フィージビリティを出すための分析が甘い。
  2. 君の案の採算性の悪さが、フィージビリティの低さにつながっている。
  3. 先日のフィージビリティスタディにおいて、実現可能性の高さが保障されました。

「フィージビリティ」の語源

「フィージビリティ」の語源は英語の “feasibility” です。

英語の “feasibility” には、以下のような意味があります。

  • 実現できること
  • 実行できること
  • 実現可能性
  • 実行可能性

「実現可能性」という意味以外にも「実現できること」という意味が含まれている点に注意しましょう。

「フィージビリティ」の類義語

「フィージビリティ」には以下のような類義語があります。

  • 実現可能性
  • 実行可能性

まとめ

以上、この記事では「フィージビリティ」について解説しました。

英語表記フィージビリティ(feasibility)
意味実現可能性・実行可能性
「フィージビリティスタディ」の意味政策や事業計画の実現可能性がどれほどあるのかを事前に調査・予測すること
語源「実現可能性」という意味の英単語 “feasibility”
類義語実現可能性、実行可能性

「フィージビリティ」はあまり聞きなれない言葉かもしれません。しかし、ビジネスや政治の場面で非常に重要な意味を持つカタカナ語です。

「フィージビリティ」の意味だけでなく、どのような項目が「フィージビリティ」の度合いを決定するのかまで理解しておきましょう。