知っておきたい「企業家」と「起業家」の違い

違いのギモン

「企業家」と「起業家」は同音異義語のようで異義なのかと言うと説明できない方も多いんじゃないんでしょうか。この記事では「企業家」と「起業家」の違いについてご紹介します。

スポンサードリンク

結論:違いは何を立ち上げたか

「企業家」は企業を起こして経営している人です。「起業家」は事業を立ち上げた人を指す言葉です。

「企業家」をもっと詳しく


「企業家」は企業を起こして経営している人です。企業は会社を意味します。「企業家」は新しい事業だけでなく生産方式、組織改革を行う人でもあります。そのため、「起業家」が「企業家」になるケースもあります。

ベンチャー企業とは

ベンチャー企業とは、新技術や高度な知識などをもとに、既存の大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開し長期成長を目指す企業を指す言葉です。

成長過程にある企業で、ベンチャーキャピタルなど、投資機関から資金援助を受けているなどの特徴があります。

ベンチャーキャピタルはハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行う投資会社を指します。主に高い成長率を有する未上場企業に対して投資を行います。経営コンサルティングなどを提供し、投資先企業の価値向上を図る企業も存在します。

実業家とは

余談ですが、「実業」とは、「事業」よりもう少し狭い範囲のものを意味しており、具体的には生産・流通・販売などの事業をする人を指します。総じて、生産・経済に直接関係ある事業を営む人を「実業家」と言います。

日本で有名な実業家を紹介します。

  • 山田進太郎 / メルカリ
  • 玉川 憲 / ソラコム
  • 松本恭攝 / ラクスル
  • 南 壮一郎 / ビズリーチ
  • 寺田親弘 / Sansan
  • 杉江 理 / WHILL
  • 辻 庸介 / マネーフォワード
  • 岡田光信 / アストロスケール
  • 尹祐根 / ライフロボティクス
  • 佐々木大輔 / freee
スポンサードリンク

「起業家」をもっと詳しく


「起業家」は事業を立ち上げた人を指す言葉で、わかりやすく言うと0から1を作る人です。 この「事業」という言葉は収益を得ることを目的に立ち上げる仕事のことです。そのため、一概に「起業家」=「社長」ではない上、「会社」にするかどうか、も自由です。また、もともとある企業の後継者は「起業家」とは言いません。

ちなみに英語では「企業家」も「起業家」も“entreprene”です。

まとめ

以上、この記事では、「起業家」と「企業家」の違いについて解説しました。

  • 企業家:企業を起こして経営している人
  • 起業家:事業を立ち上げた人

ニュースを見ていると、色々な企業の社長さんを目にしますよね。これからはこの人は「企業家」かな「起業家」かな「実業家」かな、などと考えてニュースをみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク