知ると楽しい!「イヤホン」と「ヘッドホン」の違い

違いのギモン

スマホや音楽プレーヤーなどで音楽を持ち運べるようになった今、イヤホン、ヘッドホンは日常生活に不可欠とも言えます。普段何気なく使っていますが、イヤホンとヘッドホンの違いとはどのようなものなのでしょう?

スポンサードリンク

結論:イヤホンは耳の中に入れる、ヘッドホンは耳たぶを覆う

広い意味ではイヤホンはヘッドホンの一種なのですが、主に耳の中に入れて使用するタイプがイヤホン、耳たぶを覆うタイプのものがヘッドホンとされています。

用途やそれぞれのメリットなどにより、使い分けることができます。

「イヤホン」をもっと詳しく

イヤホンとは「インナーイヤー型」の略であり、耳の中に入れ込んで使うタイプのヘッドホンのことです。

イヤホンはヘッドホンの一種ということですね。

 

イヤホンの一番の特徴はそのコンパクトさでしょう。ヘッドホンに比べ、圧倒的に持ち運びやすく、あらゆる場面で使用できます。

通勤・通学などの移動中や外出時に手軽に音楽を聴くことができますし、使用していない時はバッグなどに入れてもかさばりません。

スポーツ向けのイヤホンなどは、軽くて体を動かしながらでも外れにくい形状のものもあります。

最近では防水機能やワイヤレスのイヤホンも多く出ておりとても便利ですね。

 

また、耳の中に入れて使用するため、遮音性にも優れています。

イヤホンが発展したカナル型イヤホンは、イヤホンをより耳に深く入れ込むタイプのもので、遮音性に特に優れたモデルで音漏れもしにくいです。

 

音質の面では一般的にはヘッドホンの方が良いとされていますが、近年、より音質の良いイヤホンがどんどん開発されています。

イヤホンは細かい音や高音域を再現するのを得意としており、音のイメージに没頭しやすく、J-POPかど歌声や歌詞を重視する音楽を聴く場合に適しています。

どんなシーンで使うのかにより、イヤホン、ヘッドホンを使い分けるのも面白いですね。

スポンサードリンク

「ヘッドホン」をもっと詳しく

ヘッドホンは、耳をすっぽり覆う形で使用するタイプで、大きく分けると密閉型と開放型の2種類があります。

密閉型は広いイヤーパットで両耳を覆うもので、周囲の音を遮断し、音漏れも少ないものです。

一方開放型は周囲の音が聞こえやすく、音漏れもしやすいため外で歩きながら音楽を聴く時などに適しています。

イヤホンのように耳の穴に入れ込むタイプでは無いため音漏れ防止のため大きく作られており、少しかさばるのがヘッドホンの特徴です。

 

しかし、良質な音質で音楽を聴きたい場合はヘッドホン型は断然おすすめです。

イヤホンと比較して、超低音を再現したり、空間的な表現力があるのは圧倒的にヘッドホンです。

再生可能な周波数はイヤホンと同じですが、イヤホン型には実現できない広い音域での音を出力することができ、クラシックのパイプオルガン,コントラバスのような厚みのある重低音の再現力はヘッドホンならではです。

クラシック、インストゥルメンタルなどのバンドサウンドなどトータルで音楽を楽しむという場面に適しています。

 

イヤホンよりも大きく目立つモデルなため、ファッションの一部としてヘッドホンを身につける場合もありますね。

また、室内でゆっくり音楽を聞きたい時などは、ヘッドホンの方が適しているかもしれません。

耳全体を覆うヘッドホンの方が、ゆったりとリラックスして曲の世界に入り込むことができますし、映画の鑑賞などにも向いています。

音楽を高音質で楽しめますし、映画の音声を再生するときも小さな音から大きな音まで膨大な情報量の信号をダイナミックに再現できるのはヘッドホンの特徴の1つです。

まとめ

以上、この記事では、「イヤホン」と「ヘッドホン」の違いについて解説しました。

  • イヤホンは:耳の中に入れて使うコンパクトなタイプ
  • ヘッドホン:耳を覆う形になっているタイプで高音質

そもそもの形が違うことに加え、得意とする音の表現が違ったり、それぞれ使用に適しているシーンが違うのも面白いですね。どちらが良いというのではなく、用途に合わせて自分に合うものを使うのが良いでしょう。

スポンサードリンク