「アーリー」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アーリー」です。

「アーリー」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「アーリー」とは?

アーリー(early):初期の

「アーリー」の意味を詳しく

「アーリー 」は「初期の」というのが主な意味のカタカナ語です。他にも「早い」という意味がある形容詞です。

スポンサードリンク

「アーリー」の使い方

  1. アーリーリタイア制度を使用してビーチで暮らす。
  2. キャッシュレス化はアーリーアダプターをうまく取り込むべきだ。
  3. 早くホテルに着いたのでアーリーチェックインを行う。

「アーリー」を使うのは日常生活で時間について言及するときです。「アーリー」の後に別のカタカナ語をつけて使うことが多いです。その場合の意味は「早期の〜」という意味になります。

①の例文の「アーリーリタイア」とは「早期退職」のことです。通常ならば、定年は60歳や65歳で迎えることになります。それに対し、通例に従わず40代や50代で早期に退職することを「アーリーリタイア」と言います。

②の例文の「アーリーアダプター」とは、「早期採択者」のことです。主にマーケティング用語として使用します。何か新しいサービスが出てきたときに、一般の人々よりも先に使い始める人たちのことを「アーリーアダプター」と言います。

③の例文の「アーリーチェックイン」とは、チェックインの時間より早く受付をすることです。

「アーリー」の語源

「アーリー」の語源は英語の early です。カタカナ語と同じように「早い」「早め」という意味があります。

スポンサードリンク

「アーリー」の類義語

「アーリー」には以下のような類義語があります。

  • ファスト:速い
  • スピーディー:動きが速い
「ファスト」は「速い 」という意味のカタカナ語です。「アーリー」と同じような意味がありますが、使用する対象が異なります。「アーリー」の場合は主に「時間が早い」という意味です。「ファスト」の場合は「速度が速い」という意味の違いがあります。

たとえば、かけっこをするとします。スタートからゴールまで時間がかからなかったと言いたい場合には、「ファスト」を使います。速度が速い場面だからです。

「ファスト」の使用例はいくつかあります。その中でも「ファストフード」がよく使われます。「ファストフード」は「簡単に早く食べられるお店」です。つまり注文してからすぐに食べられるという点で調理の速度が速いのです。そのため「ファストフード」と言います。

 

「スピーディー 」は「動きが速い」という意味のカタカナ語です。「動作が速い」という意味でも使用します。特に物事が効率よく実行される様子のことを「スピーディ」と言います。

「スピーディ」を使う場面は何かサービスについて述べる時が多いです。例えばクリーニング屋です。「スピーディなクリーニング」「スピーディな仕上がり」というように使用します。初めの受付から完成までの時間がとても早いということです。

これは「ファストフード」のように「ファスト」の意味にも似ています。「ファスト」と一緒ですが実際に使用するときには、時間に対して使用するのか、動作に対して使用するのかをよく考えるようにしましょう。「アーリー」を使うべきかどうかというのも分かるはずです。

まとめ

以上、この記事では「アーリー」について解説しました。

英語表記 アーリー(early)
意味 初期の
語源 英語の “early”
類義語 ファスト、スピーディーなど

「アーリー」はよく使うカタカナ語です。特に英語の影響を受けて、ホテルなどのサービスを利用する時によく使用します。

ぜひこの記事を参考にして「アーリー」の意味や使い方を覚えて実際の生活でも役立てるようにしましょう。

スポンサードリンク