正しいのはどっち?「づつ」と「ずつ」の違い

違いのギモン

日本語には紛らわしい表現がありますが、「づつ」と「ずつ」もその1つだと思います。しかも、この2つの言葉はどちらかが間違っている、と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

例えば、この2つの言葉は「少しづつ」、「少しずつ」などのように使います。正解はどちらなのでしょうか。

今回はそんな「づつ」と「ずつ」の違いについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:ずつは現代仮名遣い、づつは歴史的仮名遣い

「づつ」は歴史的仮名遣いで、現代でも使うことが許容されています。

一方、「ずつ」は現代仮名遣いで、一般的には正しいのはこちらだとされています。

「づつ」と「ずつ」

「づつ」と「ずつ」の違いを解説するためにはその歴史的背景を見ていく必要があります。

まず、そもそもづつはすごい昔から使われていました。いわゆる歴史的仮名遣いです。

ちなみに、づつの語源には2つの説があります。まず1つめは「一つ」、「二つ」、「三つ」の「つ」が重なって「つつ」となり、これが変化して「づつ」になったという説です。

そして、2つめは「筒」という漢字がもとになっているという説ですが、なぜこの漢字が数を表す表現になったのかはよくわかっていません。

 

さて、そんな語源を持つ「づつ」は長い間正式な使い方でしたが、その状況は戦後の昭和21年に大きく変わります。

この年、「現代かなづかい」が制定され、それと同時に歴史的仮名遣いは間違ったものであるとされてしまったのです。

つまり、この時、「づつ」は誤った表現だとされてしまいました。一方、新しく現代仮名遣いとして登場した「ずつ」は正しい表現として生まれました。

 

では、「づつ」は誤りなのかと言われると、それは違います。誤りとされてきた「づつ」は、昭和61年に制定された「現代仮名遣い」で許容されるようになったのです。

これには、歴史的仮名遣いを否定してしまうと、高齢者が使う表現や、文化的価値が高い文章などに対して、「これは間違いだ」というゆがんだ認識が生まれていしまうからです。

これと同時に「現代かなづかい」も無効になったので、「づつ」は復権を果たします。

しかし、「現代仮名遣い」で「ずつ」は本則とされました。本則とは、教科書、公文書、新聞などで用いることができる表現のことです。

つまり、教科書などでは「ずつ」は使うことができますが、「づつ」を使うことはできないのです。

例えば、学校のテストなどで「づつ」と書いてしまうとバツをつけられてしまいます。

しかし、手紙など、私的な場面では「づつ」でもいい、ということになっています。

 

ちなみに、「づつ」に限らず「づ」というひらがなは基本的には歴史的仮名遣いでしか用いられませんが、それには2つほど例外が存在します。

まず1つめは同じ音が続くときです。例えば、「つづく」は「つ」が重なっているので、「づ」を使うのが正解です。逆に、この場合「ず」を用いてはいけません。

次に、2つめはもとの単語が「つ」である時です。例えば、「手作り」という言葉をひらがなで表記する場合には「てづくり」となります。「作る」の読み方は「つくり」ですからね。このような場合には「ず」ではなく「づ」が正解です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では、「づつ」と「ずつ」の違いについて解説しました。

  • づつ:歴史的仮名遣い
  • ずつ:現代仮名遣い

このように、「ずつ」が正解ですが、「づつ」も間違いとは言えません。しかし、「ずつ」を使ったほうが無難ではあるでしょう。

スポンサードリンク