似ているようで違いがたくさん!「ジュゴン」と「マナティ」の5つの違い

違いのギモン

「ジュゴン」と「マナティ」は、私たちにとってイルカやクジラほど身近ではないですよね。

見た目が似ているので、同じ動物として考えてしまいますが、実は違いがたくさんあるのをご存知ですか。この記事では、「ジュゴン」と「マナティ」の5つの違いについて解説します。

スポンサードリンク

【1】体長と体重の違い

ジュゴンの体長と体重

「ジュゴン」の体長は2.5~3mで、体重が300~400kgです。

マナティの体長と体重

「マナティ」の体長は3~4mで、体重400~1000kgなので、「ジュゴン」よりも大型です。

【2】生息地域の違い

ジュゴンの生息地域

「ジュゴン」の生息地域は、ペルシャ湾、インドシナ半島、ボルネオ島などの太平洋の浅い海周辺です。

マナティの生息地域

「マナティ」の生息地域は、ドミニカ共和国、キューバ、トリニダード・トバゴで、河口周辺の海に生息種類もいれば、川などの淡水に生息する種類もいて、「ジュゴン」とは大きく異なります。

スポンサードリンク

【3】体の構造の違い

ジュゴンの体の構造

「ジュゴン」の体の構造ですが、尾びれはイルカと同じような三角形で、爪と肘(ひじ)はありません。さらに「ジュゴン」には、一応牙がありますが、歯肉に埋もれていてとても分かりにくいです。

マナティの体の構造

「マナティ」の体の構造ですが、「ジュゴン」とは異なり、尾びれは丸いうちわのような形をしていて、爪と肘があります。しかし、「マナティ」には、牙はありません。

【4】主食と口の形の違い

ジュゴンの主食と口の形

「ジュゴン」の主食は海藻で、海底の海藻を食べるので、口は下向きになっていて平たい形です。

マナティの主食と口の形

「マナティ」の主食は水草や川辺の草で、水面に浮いている水草を食べるので、ジュゴンよりも口は上向きについています。

スポンサードリンク

【5】皮膚の違い

ジュゴンの皮膚

「ジュゴン」の皮膚は、なめらかで、長くて柔らかい毛と短くて堅い毛に覆われています。

マナティの皮膚

「マナティ」の皮膚は、堅くてザラザラしているので、苔やフジツボがついていることがあります。

まとめ

以上、この記事では、「ジュゴン」と「マナティ」の5つの違いについて解説しました。

ジュゴン マナティ
体長 2.5~3 m 3~4 m
体重 300~400 kg 400~1000 kg
生息地域 ペルシャ湾、インドシナ半島、ボルネオ島などの太平洋の浅い海周辺 ドミニカ共和国、キューバ、トリニダード・トバゴの河口周辺や川、湖
尾びれ 三角形 丸い
爪と肘 ない ある
ある ない
主食 海藻 水草や川辺の草
口の形 下向きで平たい 上向き
皮膚 なめらか 堅い

「ジュゴン」と「マナティ」の違いは、たくさんありますが、見分けるには、尾びれを見るのが一番簡単ですね。参考にしてみてください。

スポンサードリンク