「デューデリジェンス」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「デューデリジェンス」です。

「デューデリジェンス」の意味・使い方・語源についてわかりやすく解説します。

「デューデリジェンス」の意味をスッキリ理解!

デューデリジェンス(Due Diligence):投資やM&Aの際に、対象となる企業の価値やリスクを調査すること

「デューデリジェンス」の意味を詳しく

「デューデリジェンス」とは、経営状態や財務状況についての企業調査のことです。

投資やM&Aを行う際には、対象の企業がこれから成長しそうかどうか、また早くに潰れないかどうかを調査する必要があります。

そのために行われる調査がデューデリジェンスです。

M&A:他企業との合併や、他企業の買収を行うこと
 

デューデリジェンスは、様々な観点から行われます。多くのデータを組み合わせることにより、表面からは見えてこない経営の実態や、事業運営の手法を把握することができるのです。

また、デューデリジェンスには多くの種類があります。そのため、全てのデューデリジェンスを行うことは不可能です。対象企業と自社の特徴に合わせ、必要なデューデリジェンスを選び抜いて実行します。

 

デューデリジェンスは企業だけで行われるものではありません。会計情報や経営状態について知る際には、会計事務所やコンサルタント会社といった他機関を通じて調査してもらうことが多いです。

また、デューデリジェンスの実行には、様々なプロセスを踏む必要があります。基本的にはまず対象企業の資料を入手した後、ミーティングが行われます。

その後事前分析を行い、デューデリジェンスの範囲を決定し、依頼リストを会計事務所やコンサルタント会社に送り、その結果を元に報告書を作成する、というプロセスで行われます。

 

さらに、デューデリジェンスは相手企業に知られないように行うことが望ましいです。そのため、デューデリジェンスを実行する際には、一般の従業員にも知らせず行います。

また、デューデリジェンスは買収や投資以外にも、デューデリジェンスの際にチェックする項目を自社企業に当てはめて考えることにより、自社の経営状態をチェックすることにも使用できます。

様々なデューデリジェンス

上記でも述べた通り、デューデリジェンスには様々な種類が存在します。ここでは、代表的なデューデリジェンスについて説明します。

ファイナンシャルデューデリジェンス

ファイナンシャルデューデリジェンスは最も一般的なデューデリジェンスと呼ばれており、企業の財務状態について分析するデューデリジェンスです。

財務諸表や対象企業の業績推移、収益性、設備投資などの観点から分析を行います。

ビジネスデューデリジェンス

ビジネスデューデリジェンスは、企業の事業内容に関連がある事柄の分析を行うことです。

営業やマーケティング手法、また業界内での対象企業の立ち位置などの観点から分析を行います。

リーガルデューデリジェンス

リーガルデューデリジェンスは、法的観点から企業の分析を行うことです。

違法行為や訴訟問題、紛争や法的認可、登記といった観点から分析を行います。

ITデューデリジェンス

ITデューデリジェンスは、情報システムについての分析を指します。

情報システムの陳腐化や新規システムの必要性などから、対象企業の今後の進展を予想して調査します。

人事デューデリジェンス

人事デューデリジェンスは、人の使い方についての分析を指します。

人事戦略や人事評価の仕組み、労使関係や採用効果などの観点から分析を行います。

税務デューデリジェンス

税務デューデリジェンスは、過去の税金情報についての分析を指します。

税の未払いや税務申告書の調査を行い、将来の税務リスクについて調査します。

「デューデリジェンス」の使い方

  1. A社に投資していいかを判断するため、ファイナンシャルデューデリジェンスを実行する。
  2. 先日から行っていたビジネスデューデリジェンスの調査結果がまとまった。

上の例文のように、投資やM&Aの際にデューデリジェンスは使われます。

「デューデリジェンス」の語源

デューデリジェンスの語源は英語の “Due”と “Diligence” です。

“Due”は「義務」を表す英単語で、 “Deligence” は「勤勉」を表す英単語です。これら2つの英単語を組み合わせ、デューデリジェンスという表現が生まれました。

まとめ

以上、この記事では「デューデリジェンス」について解説しました。

英語表記デューデリジェンス(Due Diligence)
意味投資やM&Aの際に、対象となる企業の価値やリスクを調査すること
語源英語の “Due” と “Diligence” の組み合わせ

デューデリジェンスとは投資やM&Aの際の企業評価のことです。日常会話で使うことは少ないですが、ビジネスにおいては必要となる表現です。意味や使い方を把握しておきましょう。