「ダブルチェック」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ダブルチェック」です。
「ダブルチェック」の意味、効果、方法、使い方、語源、類義語についてわかりやすく解説します。

「ダブルチェック」の意味をスッキリ理解!

ダブルチェック(double check):人を変えて再度確認すること

「ダブルチェック」の意味を詳しく

「ダブルチェック」とは、「人を変えて再度確認すること」ことです。

単に「二回確認すること」ではありません。一回目に確認をした人と、二回目に確認をする人は変えなければいけません。

「ダブルチェック」のもうひとつの意味

「ダブルチェック」は、「チェスで、ふたつの駒で同時に王手をかけること」という意味があります。

チェスでは、自分のキングの駒を相手にとられたら負けになります。そして、「次の一手でキングを取れる」という状態を「王手」「チェック」と言います。

この「チェック」をふたつの駒で同時に行うことが「ダブルチェック」です。

「ダブルチェック」の効果

このように、「異なる二人が確認を行うこと」は、単に「同じ人物が二回確認を行うこと」とは違う効果があります。

たとえば文章の誤字脱字を確認する作業を行うとします。一文の最後の方を適当に読み流してしまったり、会話文を読み流してしまったりと、人は文章の読み方に癖があります。

同じ人が確認を何度しても、読みの癖のせいで同じ間違いを見逃してしまうことがあります。

また、「一度確認して間違いがなかったのだから、次も大丈夫だろう」という意識があるため、間違いを見つけにくくなることもあるのです。

「ダブルチェック」の方法

「ダブルチェック」には、以下のような方法があります。

「ダブルチェック」には以下のような使い方があります。

  • 時間差型
  • 同時型

それぞれの意味を詳しく見ていきましょう。

「時間差型」の意味

「時間差型」は、その名の通り、「二人が時間をおいて同じものを確認する」というダブルチェックの方法です。

Aさんがひとつのデータや書類を確認した後に、まったく同じ方法でBさんが確認を行います。

「同時型」の意味

「同時型」は、「二人が同じデータや資料を双方向から同時に確認する」というダブルチェックの方法です。

たとえば、縦に並んだデータをチェックする際には、Aさんが上から下の順番に確認し、Bさんは反対に下から上の順番に確認するのです。

また、請求書と売り上げのデータを確認するときには、Aさんが売り上げのデータを、Bさんが請求書を最初に確認します。

その後に、ふたつの資料を交換して、今度は反対の資料をそれぞれが確認するのです。

「ダブルチェック」の使い方

  1. 重要書類は、ミスを確認するために必ずダブルチェックをお願いします。
  2. ダブルチェックを行うことで、書類のミスをなくします。
  3. 彼と一緒に参加者の名簿をダブルチェックする。

「ダブルチェック」の語源

「ダブルチェック」の語源は英語の “check” です。

「二倍の」という意味の “double” と「監視」という意味の “check”で構成された言葉です。

“double check” には、以下のような意味があります。

  • 二重点検する
  • 再確認する

「ダブルチェック」の類義語

「ダブルチェック」には以下のような類義語があります。

  • クロスチェック:最初に確認した方法とは別の方法を用いたり、視点を変えたりして確認すること
  • チェックバック:一度確認したものを、逆方向から再確認すること

まとめ

以上、この記事では「ダブルチェック」について解説しました。

英語表記ダブルチェック(double check)
意味人を変えて再度確認すること
効果一人で確認するよりミスを見つけやすい
方法時間差型、同時型など
語源「再確認する」という意味の英単語 “double check”
類義語クロスチェック、チェックバック

「ダブルチェック」は、ビジネスや医療の現場において非常に重要になる技術です。方法の種類についても、この機会に覚えてしまいましょう。